スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁止制限、確定?

トリシュ、バルブ、スポア、ダスト禁止。
ストライカー、アース制限。
マシュ、ルミナス、禁テレ、狼煙、B地区、激流、天狗準制限。
解除、リビデ

2ちゃんの実績のあるフラゲ師からの情報
ただ、本人自体が禁止制限のフラゲをするのは初めてで、画像などもなしの状態

あなたは、信じますか?



俺は信じないよ、最近のコナミ禁止改訂めっちゃうまかったもん
だいたいジャンクドッペルがなにしたっていうのさ、トリシューラもそんなにヤバいわけじゃないよ

お願いだからガセであってくれ…

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

デッキ記事案内ヒーロービート

ヒーローです。ブログ名の通り一番力入れてますw

ヒーロービート其の壱、主要カード解説
ヒーロービート其の弐、欠陥と弱点
ヒーロービート其の参、バブルマン型とエフェクトヴェーラー型

ディーヴァヒーロー其の壱、デッキレシピ
ディーヴァヒーロー其の弐、ディーヴァの強み
ディーヴァヒーロー其の参 切り札


5月1日から31日のCSレシピ案内

現在の環境ヒーロービート考察1-1 カードカー・D型
現在の環境ヒーロービート考察2-1 バブルマン型
現在の環境ヒーロービート考察2-2 バブルマン型
現在の環境ヒーロービート考察3-1 アライブヒーロー
現在の環境ヒーロービート考察4-1 アライブダーク
現在の環境ヒーロービート考察4-2 アライブダーク

神戸CS2位! ドライブヒーローデッキレシピ
4年間の集大成!!ヒーロービート解説其の弐 環境デッキとの戦い方&サイドチェンジpart1

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

ディーヴァヒーロー其の参、切り札

▼氷結界の龍トリシューラ

card73715308_1_convert_20120212111257.jpg深海のディーヴァを入れる意味についてここまで述べてきましたが、深海のディーヴァを使う最大の理由はやはり氷結界の龍トリシューラだと思います

トリシューラの出し方は、レベル4が存在しているときにディーヴァを召喚からニードルギルマンを呼んできて全員でシンクロ召喚をすることで達成できます

このデッキには、そのレベル4が特殊召喚されやすいギミックが多数入っています(バブルマン、増援、エアーマン、エマーコール、未来融合、死者蘇生)
つまり7枚の特殊召喚カード+3枚のディーヴァを引けば、それだけでトリシューラを狙った召喚が可能になります

また、先行の利を生かせばレベル4モンスター召喚から1ターンバックで守り、次のターンディーヴァからトリシューラということも可能です
このパターンはこのデッキの一つの勝ちパターンといえるほどよくある手順です、どんどん狙っていってください


そしてトリシューラのパワーが異常で、それだけでゲームの流れを一気にこちら側に持ってくることが可能なのはご存知だと思いますが、ジャンクドッペル等のトリシューラを出すデッキとは違いヒーロービートにはバックが存在します

つまり、トリシューラで序盤のゲームの流れを一気に持って行ったあと、バックでトリシューラを擁立することが可能なのです。それのみでゲームに勝つことも不可能ではありません。
それ程までにトリシューラの後ろにきちんとしたバックが備えてあるのは脅威なのです

そして、ディーヴァを入れることによりヒーロービートは、ミラクルフュージョン以外のゲームエンドパワーを持つ切り札を用意できるのです。強いことこの上ないです


▼欠陥
そんな、ヒーロービートのパワーを高めたディーヴァヒーローですが、その代わりに新たな欠陥が浮上しました

それはエクストラが足りないことです
融合ヒーローにエクシーズを入れているだけでも結構危ないぐらいになっているヒーロービートのエクストラにシンクロモンスターを追加しましたからね

既に破裂寸前です、有力なエクシーズが一つ増えるだけで1日悩まなければいけないほどエクストラの枠には苦労しています

あと、ニードルギルマンが手札に来た時も少し弱いです。深海のディーヴァでカタストルという返しを用意できなくなり、選択肢の幅が狭まるのとニードルギルマン自体も1700のバニラでしかないですからね


▼総括
やっぱりヒーロービートは思い入れがあるデッキだけあってデッキ解説が楽しいです(笑)
冒頭でも述べましたように、自分はデモチェヴェーラーの流行り具合によりメタの都合でディーヴァを抜いちゃいましたが、デモチェヴェーラーがいなくなればまた使うかもしれません

すっごい楽しかったです、このデッキにお疲れ様といいたいくらいですね!

次は現環境でも振り返ってどんなデッキがいたか等、書いてみようと思います


ここまで読んでくれて、ありがとうございました!

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

タイトル

ぶっちゃけ自分は徒然なるままにってタイトル気に入ってないんですよね

というわけで、なんかいいタイトルとかないですか?(笑)
募集してみます、マジでよろしくお願いします(*^_^*)

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメント返信

シーアーチャーではなく、ギルマンの理由を聞きたいです。
2012-02-13(17:27) : hiro

単純に打点ですね
ガジェット、終末の騎士、TGワーウルフ、カラクリ忍者クイック等、1200と1700の打点の差は大きいと考えました
シーアーチャーの能力もヒーロービートではそこまで使えるものではないと思いますし

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

ディーヴァヒーロー其の弐、ディーヴァの強み

ヒーロービート其の壱、主要カード解説
ヒーロービート其の弐、欠陥と弱点
ヒーロービート其の参、バブルマン型とエフェクトヴェーラー型

これを見ていない方はこちらから見たほうが理解しやすいと思います

▼深海のディーヴァ

純正のヒーロービートに、深海のディーヴァを投入することにより得られる利点をまとめると
1、氷結界の龍トリシューラを出せるようになること
2、ヒュペリオン等を相手にディーヴァからのカタストルで戦闘破壊が出来ること
3、ガチガチガンテツやスノーマン相手にも有効な交換を図っていけること
4、未来融合やミラクルフュージョンでアブソルートzeroの選択肢を選べるようになること
の4つです

とりあえず、それらを個別に解説してこうと思います


GS02-JP010_300_convert_20120212113834.jpg▼A・O・Jカタストル
まずは、レベル五シンクロのカタストルからです
このカードは深海のディーヴァからニードルギルマンでそのままシンクロすれば出せます

このカタストルの能力はとても地味で、それ故に積極的に出すモンスターではありませんが、闇属性以外のモンスターを戦闘を行うことで効果破壊出来るという能力は、この9月環境においてとても役立ってくれました

というのも、ヒーロービートに限った話ではありませんが、トラップビートは基本的に返し札が乏しいので、相手に1900の打点を超えるモンスターを出させないようにトラップで常に盤面を制圧して勝っていくのが基本になります
その為、一度盤面を突破されてヒュペリオン等の大型モンスターに居すわられるとその後の巻き返しが困難になります

そんな時に深海のディーヴァが手札にあれば、そこからカタストルに繋げて大型モンスターを戦闘破壊出来、巻き返していくことが可能になります

ミラクルフュージョンでもそれは可能ですが、ディーヴァの場合、先行からのヴィーナスガチガチだったり先行ナチュビといったミラクルフュージョンでは対応しにくい場面でも対応できます

総じて小回りが利き、それ故に扱いやすい返し札になるのがディーヴァからのカタストルの強みです


▼未来融合フューチャーフュージョン
様々なデッキに悪用されるパワーを持つ未来融合ですが、深海のディーヴァを用いることで未来融合でアブソルートzeroを選択することができます

また、BF-精鋭のゼピュロスとのコンボが強いです。やり方は
1、未来融合効果でエスクリダオを指定してヒーローとゼピュロスを落とす
2、ゼピュロス効果で未来融合を戻してフィールドに特殊召喚
3、未来融合効果でアブzeroを指定してヒーローと水属性を落とす
これで、アドバンテージを得ながらゼピュロスを召喚できます

たかが1アドと思うなかれ、そこからディーヴァを持っていればトリシューラに、レベル4を持っていればダイガスタエメラルにとモンスターさえ持っていればどんどんアドバンテージを増強できます

このディーヴァヒーローにおいての未来融合は1枚で3アドを取れる超が付くほどのパワーカードになります
是非、活用していきましょう!


また、ゼピュロス自身もステータスは貧弱なものの、エアーマンやディーヴァを戻せばアドバンテージを取っていくことが可能になります

ディーヴァのやり方は、
1、ディーヴァでディーヴァ召喚
2、ゼピュロス効果でディーヴァを手札に戻す
3、ディーヴァとゼピュロスでレベル6シンクロ

これで、手札消費0枚のブリューナクが出来るようになります
細かいアドバンテージですが、ディーヴァという返しの札を持ちながらブリューナクを召喚されるのは相手からしたらなかなか面倒な構えになりますよ


其の参に続きます^^

ディーヴァヒーロー其の壱、デッキレシピ

▼ディーヴァヒーロー

1678_convert_20120208173524.jpg

モンスター(10枚)
深海のディーヴァ×3枚
ニードル・ギルマン
E・HERO バブルマン
E・HERO エアーマン
E・HERO アナザー・ネオス×3枚
BF-精鋭のゼピュロス

魔法(22枚)
未来融合-フューチャー・フュージョン
超融合×2枚
大嵐
増援
死者蘇生
月の書
強欲で謙虚な壺×3枚
ミラクル・フュージョン×3枚
ブラック・ホール
デュアルスパーク×3枚
サイクロン×3枚
E-エマージェンシーコール×2枚

罠(8枚)
神の宣告
神の警告×2枚
激流葬
ヒーロー・ブラスト×3枚
ダスト・シュート

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
E・HERO The シャイニング
E・HERO アブソルートZero×2枚
E・HERO エスクリダオ
E・HERO ガイア
E・HERO ノヴァマスター
No.39 希望皇ホープ
イビリチュア・メロウガイスト
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
ダイガスタ・エメラル
ダイガスタ・フェニクス
機甲忍者ブレード・ハート
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク

サイドデッキ
E・HERO プリズマー
サイバー・ドラゴン×2枚
ライオウ×2枚
暗闇を吸い込むマジック・ミラー×2枚
次元幽閉×2枚
昇天の黒角笛(ブラックホーン)×2枚
奈落の落とし穴×2枚
抹殺の使徒
連鎖除外(チェーン・ロスト)


去年の7月から使い続けていた自分のメインのディーヴァヒーローの現在の構築です
清水杯でプレミしてベスト8で終わっちゃって悔しい思いをしたこともありましたが、開闢型にしたり、バブルマンにしたり楽しかったです
ヴェーラー・デモチェ環境により自分はこの型を辞めることにしました。ですが、普通のヒーロービートとは違いパワーがあり、強かったと思います

そんなディーヴァヒーローを軽く解説していこうと思います

……ぶっちゃけ制限改訂前のデッキって改定後需要ないだろうからなにをすればいいかよくわかんなくてネタがねえや(笑)


テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

ヒーロービート其の参、バブルマン型とエフェクトヴェーラー型

予約投稿してたと思ったらしてなくて、一昨日に記事2件投稿しちゃってたよ…これはサボりに入るのかな?

0767_convert_20120211002903.jpg          DP10-JP007R_convert_20120127065327.jpg


バブルマン型  エフェクトヴェーラー型

まずはサンプルレシピをご覧ください。どちらも優秀な成績を収めたヒーロービートです
では、バブルマン型からその利点と欠点について解説していこうと思います

▼バブルマン型
バブルマン型の最大の利点はエアーマンからバブルマンサーチ、バブルマン特殊で素早くランク4のエクシーズ召喚が出来ることです

それにより、メタモンスターのメロウガイストやインヴェルズローチは勿論、希望皇ホープ等、その時に応じて状況に合わせたエクシーズモンスターを召喚出来るのを利点とします
要はバブルマン型は対応力があるんですね

2638_convert_20120211010013.jpgまた、前項でほんのちょっとだけ触れましたがバブルマン型はヒーロービートの欠陥を克服できる可能性を秘めています
その訳としては、機甲忍者ブレードハートの存在が大きいです

これにより、ヒーロービートも後攻からのワンキルパターンが存在するようになりました

やり方としましては手札に死者蘇生とエアーマンが存在するとき、
1、エアーマン召喚効果でバブルマンサーチ
2、バブルマン特殊でエクシーズブレードハート
3、ブレードハート効果で2回攻撃効果を自身に付与し、エクシーズ素材のエアーマンを墓地に落とす
4、死者蘇生を発動、エアーマン特殊から1に戻る

この手順で(2200×2)+(2200×2)=8800のワンキルパターンが成立することになります

また、そのコンボでなくても相手のフィールドが開いたその一瞬に4400のダイレクトアタックを喰らわせられるようになるのは相当大きいです
今までヒーロービートのキル範囲外だったところが、もうキル出来てたなんてことがあるので常にバブルマンからのブレードハートは頭に入れておくべきだと思います


20111006016_convert_20120211011255.jpgまた、ダイガスタエメラルの存在も強いです

墓地にアナザーネオスが存在するとき、ダイガスタエメラルを特殊召喚してアナザーネオスを自身の効果で蘇生してやれば、アド消費自体をプラマイ0に抑えることが可能です

また、アナザーネオスが存在することでデュアルスパークや超融合の手札の浮きを解消でき、次のターンまでダイガスタエメラルが生き残ればアドバンテージを得られるなど、4000という一つのキルラインには及ばないもののいろんな方面に手が届く便利なカードとなります

あと、副次効果としてはバブルマンが水属性なので、ミラクルフュージョンからアブソルートzeroの選択肢ができるようになったこと、エクシーズすることでアナザーネオスを墓地に落とすことが出来、ヒーローブラストを速攻で放てるようになったことでしょうか

ヒーロービートであれば強力な使い方を可能にできるエクシーズモンスターをバブルマンを使うことでエクシーズモンスターに簡単に手が届くようになるんです

ミラクルフュージョンが無くても、大きなダメージを叩き出していけるようになったのは大きいですね


欠陥の克服というのは、要は総合的にダメージ量が増えたことからターンを跨ぐ回数が少なくなり、結果かみ合わせ要素を少しでも減らすことが可能になったということです

こういった要素はやはり強いですね


そんなバブルマン型の弱点としましては、バブルマンの効果の都合上、余りモンスターを投入できないこと
バブルマン自体はエクシーズが出来るだけのアド損モンスターということ、そして手札誘発系統(DDクロウやヴェーラー、G等)をメインもしくはサイド投入しにくくなることの3つです

特にこの環境に強いヴェーラーをメイン投入しにくいというのはツラいですね、ヴェーラーの的となる甲虫装機は制限改定後もまだまだ生き残るジャンルでしょうし……

では、続いてエフェクトヴェーラー型を解説していきたいと思います
といっても虫をボコボコにしたいがためにメインにヴェーラーを投入しただけなので、特に解説すべきことはないのですが……(笑)

ちなみに何故攻撃を止められるデモンズチェーンではなく、エフェクトヴェーラーなのかというと大嵐からのぶっぱパターンに対応できるからです

個人的にはこの環境ならヴェーラー型を自分は推します
ライオウの部分は個人的に微妙だと思っているので、何かに変えたいですが……


あとがき
ヒーロービートなんてそんな書くことねーだろとか思ってたら長かったです…(笑)
このデッキは割と思い入れがあるのでCSとかで優勝できるように頑張っていきたいですね

……出たことないんで出ることから始めなきゃだけど(笑)

ここまで見てくださってありがとうございました!(*^_^*)
とりあえず今日かいたんで、日月と休みます

その後、需要あるかはわかりませんが、制限改定前でネタがないので自分のヒーロービートでも晒していこうと思いますのでよければご覧ください(笑)

ヒーロービート其の弐、欠陥と弱点

前回はヒーロービートの強みについて触れてきました
今回は、そんなヒーロービートが抱える欠陥と弱点について触れていきたいと思います

▼かみ合わせ

トラップデッキの殆どが問題とするかみ合わせというのを結局ヒーロービートもまた解決できていないんです

こういったトラップデッキは基本的に『モンスターカード+相手モンスターを除去するカード』の2つを常に持つことで相手にプレッシャーを与えながら攻めていきますが、ヒーロービートはそれに加えて『アナザーネオス+アナザーネオスサポートカード』といった2種類のカードが必要になります

ここで、アナザーサポートカードとアナザー自身の比率を見ていきますと、アナザーが実質7枚(エアー1アナザー3エマーコール2増援1)なのに対してサポートカードは10枚前後(デュアスパ3ヒロブラ2ミラクル3超融合2)と異常に多いんです

超融合やミラクルは他のヒーローも素材に出来たり、ヒロブラはアナザーを回収出来たりするので一概に酷いほどとは言い切れないですが、それもかみ合えばの話です

アナザーネオスが来ないのにアナザーサポートが来まくったりするとホントに悲惨なことになりますし、逆だったとしてもアナザー自身は只の1900バニラで有用な効果を保持しているわけではないですから、弱くなります

また、初手で好調な手札だったとしても甲虫装機のような一撃必殺ギミックや代行天使のようなパワーを持っているわけではなく、低速ビートを仕掛けていかなければなりませんからその後のドローでどんどん調子を落とし、失速していくことも充分ありえます

総じて安定性に疑問を感じざるを得ないのが現在のヒーロービートだったりします

自分はそんな問題を解決しようと多少かみ合わせが悪くても押し切れるように深海のディーヴァを投入しました
結局デモチェ・ヴェーラーの流行り具合に問題を感じ抜いてしまいましたが、実際トリシューラに行ければ押し切ることは可能でしたし、この選択は間違ってなかったと自分は思っています

バブルマン型のヒーロービートも自分はそのタイプだと思っていますし、まだまだ発展途上ではありますが、そういったアプローチをしていってヒーロービートの欠陥を少しでも治していくことが出来れば、ヒーロービートがトップに立つことも不可能ではないのかもしれません


▼弱点

続いて、ヒーロービートの弱点に対する対処法です。やはり上がるのはスノーマンイーターでしょうか

card73713175_1_convert_20120209092817.jpg
最早トラップデッキに対するサイドデッキメタの代名詞と言えるほどにまで成長したスノーマンイーター
遊戯王一期のvol.3に登場した人喰い虫の守備力を1900まで引き上げるだけでこんなに活躍するとは誰が予想できたでしょうか(笑)

ヒーロービートは長年このスノーマンイーターに苦しんできましたが、昔よりはスノーマンは辛くなくなってきています
その陰にはヒーローブラストが存在しており、このカードがあればスノーマンだとほぼ確定している裏側にアナザーネオスの自爆特攻から2対2までアドを取り戻すことが出来ます

その他にもゼンマインやガチガチガンテツ等、ヒーロービートが苦手とするカードに対してヒーローブラストは強いです

また、エクシーズモンスターのカードプールが増え、メロウガイストやブレードハート、ブラックコーン号等、様々な状況に対応出来るカードも増えてきました

エクストラが限界まで膨れ上がってはいますが……ヒーロービートはパワーが無いことを除けば弱点という弱点は、もう見当たらないようになっているのではないでしょうか。


次は、エフェクトヴェーラーとバブルマンについて解説していきます

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

ヒーロービート其の壱、主要カード解説

前は光デュアル、光ハイビ、デュアルヒーロー等、いろんな名前があったこのデッキ、今は割とヒーロービートで統一されているみたいですね。混乱しなくて楽でいいです(笑)
ちなみに自分が一年半ほど前に遊戯王を再開して一番初めに触ったデッキでもあります
現在も愛用中です。飽きないんですよね、このデッキ

そんなヒーロービートを今回は解説していこうと思います
基本中の基本しか触れないと思いますが、復習みたいな感じで見ていただければと思います

ちなみに下のカード解説はリンクを貼ってたりするので、それでわからないカードの効果は参照しながらご覧ください

card1002103_1_convert_20120208235745.jpgまず、ヒーロービートは左の画像のE・HEROアナザーネオスを中心として、そのアナザーネオスに対応している様々なサポートカードを用いて勝つデッキです
中心のアナザーネオスは攻撃力1900なだけのバニラですが戦士族、デュアル、E・HERO、光属性という恵まれた能力により様々なサポートカードに対応しています
主なサポートカードはエマージェンシー、増援、エアーマン、オネスト、デュアルスパーク、ヒーローブラスト、ミラクルフュージョン、超融合等

どれも1対2交換、もしくはデュエルの流れをこちらに引き寄せるカードばかりです
そして今、環境のトップに君臨している甲虫装機のダンセルホーネットの流れに対して、こちらの強みの一つの大量に網羅しているフリーチェーンカードで潰し続けて勝つことが可能だからこそ、このデッキは環境の一角に食い込んでいます

では、ここからはそのサポートカードについて解説していこうと思います


▼E・HEROエアーマン
別名
『空気の読めない男』『三沢』等と言われているエアーマン、効果はアナザーネオスをサーチする攻撃力1800と、ヒーローが他に存在するとき魔法トラップをヒーローの数だけ破壊と説明不要の強さです
また、魔法トラップ破壊効果は対象をとらず効果解決時に対象を選択するのでスタロにもかかりません
効果解決時に発動するというのはどういうことかというと、例えば二伏せでエアーマンを召喚したとき、自分は対象を選ばず、奈落をされても効果解決時にもう一枚のカードを破壊するのでエアーマンの効果が無駄にならないということです。ヒーロービートなら確定枠の1枚ですね

▼増援・E-エマージェンシーコール
エアーマン、無ければアナザーネオスのサーチカードとなります
最低枚数はヒーロー4(エアー1アナザー3)に対し増援一枚のみ、最高枚数は増援1、エマーコール2となります
エマーコールを3枚積むのは、腐る可能性が出てくるので他のヒーローを採用してない場合あまりオススメ出来ません
このサーチカードの枚数は後述するアナザーネオスサポートカードによるアナザーネオスへの依存度によって決めてください

▼デュアルスパーク
光デュアルの名前の由来とも言えるこのカード、フリーチェーンでゴッドバードアタックと同じだけのアドをとり、魔法カードなので速攻性に優れ、トラップスタンや王宮のお触れをすり抜けるという説明不要の強さを持つカードです。確定枠で3積み必須です

▼ヒーローブラスト
墓地からアナザーネオスを回収し、1900以下の攻撃力を持つモンスター1枚を破壊します
単純な1対2交換を成立させることが出来、前述したデュアルスパークと組み合わせることでフィールドをどんどん荒らしていけます。強いカードですが、墓地にいなければならない条件が後述するミラクルフュージョンと被ることもあり、若干使いにくいこともあるので現在の環境なら2~3枚をオススメします
1900以下しか破壊できないという条件があるので環境次第では0枚もあると思います

▼ミラクルフュージョン
墓地またはフィールドのヒーロー+モンスター1枚を融合素材としてそれぞれの属性にあった属性ヒーローを召喚します
主な融合先はE・HEROTheシャイニングでしょうか。なんにしてもオーバースペックなカードを召喚できるヒーロービート最強の切り札です
環境や構築にもよるでしょうが、可能な限り握っていたいカードです。3枚を推奨します

▼超融合
上の強力なパワーカードとは違い、普通に使えばアド損のカードですが『このカードの発動にチェーンしてカードの発動を行えない』という一文がものすごく強く、また様々な技があるトリッキーなカードです
例えば、チェーン2以降でこのカードを発動した場合、神の警告は超融合の効果により発動できずまた、奈落の落とし穴等の召喚系反応型トラップもタイミングを逃させて発動させないといったことが出来ます
これを応用し、場にヒーローが一体以上存在し、手札にエアーマンと超融合が存在するといった条件で以下のコンボを発動できます(ここではヒーローが一体フィールドに存在するものとして話を進めます)

1、ヒーローが存在するときにエアーマン召喚効果発動魔法トラップ破壊効果宣言
2、チェーン超融合で相手モンスターとエアーマンを融合
3、超融合で召喚する融合モンスターを召喚(奈落神警等にはかからない)
4、エアーマン効果処理時フィールドにヒーローが二体存在しているので相手の魔法トラップを二枚破壊

ということが出来ます
総合的なアドは+1で、相手のカードを三枚除去しています
三枚も除去すれば大抵がら空きで、そこにヒーロー+融合ヒーローで4000越えのダイレクトダメージを望めるという非常に強力なコンボです。是非目指してみてください
カード枚数は、環境にもよりますが今の甲虫装機環境なら2~3枚です


こんな感じですかね…
次はヒーロービートの弱点、欠陥等について解説していきたいと思います

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

ダストシュートの使い方

A1006_Z1_convert_20120201135155.jpgまず、ダストシュートについての説明を軽くしておくと、自分は汎用性が高くどんなデッキにも入り、先行で打てれば7割以上の勝率を誇る今期最強のトラップカードで、いま最も禁止カードに近いカードだと思っています

その訳は三つあります
1、1対1交換が出来ること
2、情報アドバンテージを得られること
3、フリーチェーンであること

相手の手札を1対1交換で覗き見れるのです
これはつまり、相手が今後やることなすことすべてが丸見えで、常にこちらが先手を打っていけるということです

ですが、四枚以上という条件から、相手が伏せてくれば情報アドバンテージを失うことから基本的にはスタンバイフェイズに打つことになります

ここでは、せっかくダストシュートはフリーチェーン系カードなのにスタンバイに打つなんて勿体無い。もっと有効な場面で打てるところがあるはずだ、というところを簡単にデッキ別に解説していきたいと思います


▼甲虫装機

インゼクター戦は基本的にダンセルホーネットの手札からパターンがあるのでスタンバイフェイズには打ちません
ダンセル召喚時に打って手札のホーネットを除去するようにします
ただ、終末の騎士等で墓地に落ちた場合、ダストシュートはその時点で発動していきます

インゼクターにおいて一番ダストで除去したいのはダンセルですからね

▼TG代行天使

同じく、スタンバイフェイズには発動しません
TGが召喚された時など、動き出した時を狙って打って相手の計算を狂わせて下さい

▼カラクリ

カラクリ蔵等があるので難しいところですが、自分はスタンバイに打ちます
小町が一番戻したいカードなので、出てきてから打っても意味がないことが多いですから

▼ヒーロービート

スタンバイには打たないです
こちらも難しいところではあるんですが、今のヒーロービートはモンスター数が一桁であることも少なくなく、スタンバイに打ってもモンスターが存在しない可能性があります

強欲謙虚、エマージェンシー、増援とモンスターに代わる魔法カードが多数入っていることも多いですので、そこで上手く手札にモンスターがいるかを見極めてから打ったほうが賢明かと思われます

▼兎ラギア

スタンバイで打ちます
兎を除去したいので、それが全てです


自分の使っているデッキによっても変わるでしょうから一概には何とも言えないですが、自分はヒーロービートでこのような感じでダストシュートを運用していってます
この記事があなたのレベルをまた一つ上げることが出来たなら、嬉しいです
以上!!

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメント返信

まぁ私の近所の環境は2~3人いましたね、色々試してるんでしょう
実際理論だけで回してみないとわからない事もありますし

オピオンが立っている時にパールまでの道筋で怖いのはバックなので
それはオピオンが立っているこちら側にも言えるわけじゃないですか
嵐を引けば良い、先攻で守るカードを伏せればいい
言いようはいくらでもあるのでそう言う意味です
ただまぁ汎発感染を伏せる場合伏せが1枚わかっていますが…その辺はプレイング次第ですね

ガジェの場合ライフが3000あれば1killまで持って行けますが
コーリングまでの1ショットをされると負けますね
まぁお互い引きに頼る部分もあるのでやめときますが
2012-02-07(13:56) : wind

……?そういうカードを用意させる時点でやっぱり強いと思うんですよ
パールの処理手段にも長けていますし、全部止められたらもう仕方ないのかも知れませんが実際ヒロビとやったときはわりかし通った感じがあるんで大丈夫じゃないのかなって思います

ライフをとる手段はコーリング以外に増援、カストル、マンドラゴ、兎、ゴーズ、ダムドと大量に存在してますので、4000を切ったらデッドラインと見ていいと思います(もうちょい早いとこからキルを見てもいいかも)
ここまであるので大体ひくことは可能ですよ


ルミナスは帰ってきて欲しいですよね〜
ウルフストライカーはセットで準になって欲しいです。
あとダンセルとミラクルを準に…
2012-02-07(14:20) : hiro

ルミナスは真面目にいいと思いますよね(笑)
TGに関しては、代行とガジェを潰しているんで大丈夫かなって思いますよ
ダンセルは発売から日が浅いのでかからないでしょうし、ヒーローは制限をかける器ですらないかなって思います

むしろヒーローにかかったら発狂してやる(笑)



兎も海外側が暴れ過ぎているせいで、日本側は巻き添えで規制が来そうですね
昔のDドロー規制は海外で図書館エクゾが流行り過ぎてたせいで規制されたそうなので
そっちの関係で…
と言うかコナミはいい加減海外での起動効果のルールを日本と同じにしてもらわないと
クイックエフェクトのタイミングで兎の効果を発動できるのは鬼畜すぎ、ヴェーラーきかないし…

後もしかしてガジェの私怨って私ですか?私なら言い方が悪かったのかもしれません、すみません
2012-02-08(00:19) : Vento

兎かぁ……確かに王家の生贄のパターンもありますし、ナシではなさそうですね
Dドローはどうなんでしょう?図書館エクゾが怖いって聞いたことありますが…流石に大丈夫なのか?

海外って起動効果の統一まだ行ってなかったんですか!?
エクシーズ素材の裁定統一とともに行ったと思ってた……環境ぶっぱすぎるでしょう…

いえ、全然違いますよ(笑)
前に友達にガジェでイジメられたことがあっただけです
むしろ、よくコメントくれるので感謝してるくらいですよ(笑)

コメント返信

TGガジェは確かに多いですが、アイアンコール型も最近見ますね
蘇生カードを多く採用し、少しでも多くエクシーズを展開するのが目的なようです
あまり結果を残してないので強いのかはわかりませんが、戦ってみた感想は
ランク4が増える度に強くなって行くんだろうなぁって感じですかね(まぁ普通のガジェにも言えますが)
面倒なガチガチやゼンマインも突破出来るブラックコーン号が出たのでまた状況に対応しやすくなったとは思います

汎発感染は確かに強いですが、バックで守ればいいのは向こうにも言えるので微妙なとこですね
その辺はジャンケンゲーとしか言えないので割愛しますが

バハムートへの解答としてあるのかはわかりませんが、コントロール奪取は向こうも結構積んでたりするので、汎発感染とセットで出せると強いとは思いますが
汎発感染がなくった時点で相手の動きに対応しきれなくなって来ると言うのが予想です
オピオンの打点は高いですが、他のヴェルズエクシーズは決して高い打点ではないので

2012-02-07(01:07) : Vento

そう……なんですか?
正直虫環境にエクシーズを速攻でおこなう意味が全く分からないのですが……
結果はカゲトカゲガジェがいないように、ほぼTGガジェに淘汰されるでしょうし…

バックで守ればいいというのは……?ごめんなさい、よくわからないです
よければ、この件にお答えいただけると嬉しいです

汎発感染はオピオンから持ってくるカードなので、基本的には持ってないと思いますよ
まあ確かにコントロール奪取は脅威ですが、そこまで考えなくても正直大丈夫だと思います

というのも、バハムートで相手モンスターをとることで相手が一番脅威に感じることは恐らくライフがごっそり持っていかれることで、きちんとした動きが出来ていれば4950のライフを削りとることができ、ダークコーリングが使えれば終了の場面まで持っていけます

他にもいろいろこのデッキは瞬間的な打点の生成に長けているデッキですから、相手が強制転移を持っていたとしても一番効果的な場面で使えるかすら怪しいですよ

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

禁止制限予想

長いわ……理由……流し読みすんのも大事だよ……?

禁止
ダストシュート
ゼンマイハンター

制限
創造の代行者ヴィーナス
月読命
サイクロン
血の代償

準制限
ライトロードサモナールミナス

無制限
マインドクラッシュ
月の書
同族感染ウィルス


ダストシュート
先行ゲーを加速させる今期最強のトラップカード
先行に打てれば序盤から中盤までの相手の動きが手に取るようにわかり、それが要因で勝つこともしばしば
さっさと禁止にぶち込まれやがって下さい

ゼンマイハンター
遊戯王にジャンケンの勝利という新たな特殊勝利条件を生み出したゼンマイハンデスの核
ゼンマイティやネズミは出てまだ日が浅いしかけるならこれかなと
制限だと、DDクロウがメタになるだけでジャンケンゲーに変わりはないので禁止
コナミマジでなんとかしろよ、もうあの何とも言えぬ敗北感を味わいたくはないよ

創造の代行者ヴィーナス
代行メタ
規制はこれだけで十分
TG代行天使ではデッキの核と言える存在で、このカードがあるからこそTGと代行のコラボが可能になる
逆に言えばコイツ規制すればTGとの脅威的な組み合わせはなくなると思う
去年の12月から活躍なさってるのでそろそろお休み下さい
出口はアチラです

月読命
復活枠その1
効果自体は強いけど、もう月読命ラインとか言ってられるスタン環境は過ぎてると思う
ハマったら強いが、禁止の器でもないのでそろそろ緩和してもいい頃

サイクロン
間接的なインゼク、カラクリメタ
このカードを規制すれば相対的に伏せカードの価値が上がるので、外堀を埋める感じで規制
インゼク自体の規制はほぼ不可能だし、カラクリってサーチリクル多すぎて、規制しにくいからこの方法をとってみた

血の代償
ガジェットメタ
ガジェット自体はインゼクに喰われまくっているが、それでも9+3のワンキルは意味が解らないくらい容易で脅威
サイクロン規制予想なので、それの辻褄合わせ的な意味もある
あと個人的な私怨……(笑)

ライトロードサモナールミナス
正直ライロみたいな弱小モンスター大量に入れてまで裁き入れる必要ある?
『旋風BF』なんて旋風が一枚しかないのに名前がのる詐欺的な名前が成立するんなら、ジャンクドッペルはある意味現環境に存在する『ライトロード』なんでなかろうか
ソーサラー、開闢、ジャンク、ライラ、ライコウ、光の援軍……ほら、ライトロード!(笑)
……実際それぐらいに弱いんでなんとかしてあげて下さい

同族感染ウィルス
復活枠その2
つか、効果不確定のライトニングボルテックスが規制されてる意味がわからないです
初の禁止から一気に無制限が十分にあり得るカード

マインドクラッシュ
ダストマイクラの鬼畜コンボなければ規制する意味もないと予想
ハンデスカードの数自体は変わらんから暗黒とか強くならないし問題ないよと

月の書
間接的なインゼク、カラクリメタその2
サイクロン規制したので、トラップデッキがお触れされるだけで壊滅するからという辻褄合わせ的な意味もある
個人的にこのカード自体も制限にするほど価値がないとも思ってる
月準で神警の規制解除と迷ったけど、流石にカラクリキツいかな、と

総括
全体的にトラップデッキ強くし過ぎた可能性があるかな……
そこがちょっと怖い

まぁでも環境を変えるという意味ではアリなのかな、と

トラップデッキ強くしとけばコナミがデザイナーズデッキ出しやすくなるし
カラクリ何気にスルーしてるんだよね……
カラクリメタも考えたんだけど、小町準だと意味なさそうだし、小町制限だと半壊しそうでやりにくいんだよね
無零怒規制も考えたんだけど、最強メタのサイバードラゴン存在してるし、いいかなと
カラクリに関してはそこまで知ってるわけじゃないし、的外れなこと言ってそうで怖いわ

あとは、ライトロードはホントにキツい
ルミナス無制限も考えたくらいだもん
様子見で準にしたけど

こんな感じかなぁ……
言いたいこと言えたんで自分的には満足です
意見あったら遠慮なくコメントよろしくo(^-^)o
飛び上がって喜ぶんで!(笑)

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメント返信

オピオンは打点が高く処理し辛いモンスターですが
アドバンテージを一方的に得るガジェットに極めて相性が悪いです
特にガジェットはすぐにパールまでの道筋が出来てしまうので…

後、サンダーバードを採用しない理由はなんでしょう?
あれ使ってみると意外に…と言うかかなり強い印象ですが
2012-02-03(22:08) : Vento

サンダーバードについてはヴェルズ記事其の参をご覧ください
ガジェットに弱い……?そうでしょうか?オピオンで十分に制圧することが可能な部類ですし、カゲトカゲガジェでもない限り大丈夫だと思いますよ
主流のガジェットはTGガジェですし…

普通のガジェならパールを立たされる前にこちらがオピオンを立たせて盤面を制圧することが可能だと思います
万が一立たれてもこちらにはバハムートという選択肢が存在しますし…

戦ったことがないので机上の空論ではありますが、相性は悪くないと思いますよ

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

ヴェルズ其の参、ダークコーリングとオマケ

▼ダークコーリングとダークガイア

card73713176_1_convert_20120206200927.jpg        y-171_convert_20120206201317.jpg

このデッキにおいての岩石族はグランモール、ヴェルズヘリオロープ、レスキューラビットです。ラビットはヘリオロープを持ってこれるので疑似的な岩石族と数えます

また、悪魔族は冥府の死者ゴーズ、ヴェルズのエクシーズモンスター全般と、インヴェルズの先鋭です
ほぼ先鋭の上位互換であるヴェルズザッハークを採用せず、先鋭を採用している理由はここにあります
まあ、デュエルを十マッチ以上重ねていますが、ザッハークの効果を発動する機会は一度もありませんでしたしね。この変更も問題ないと思います

とりあえず出しやすさという条件はクリアしています
続いて、ダークガイアの能力ですが死者蘇生等が絡まない条件でのダークガイアの最低攻撃力はグランモールと先鋭で2750です

この環境にあるヒュペリオンの2700をクリアしていますし、これはあくまで最低攻撃力です
攻撃力3000はおろか、4000を超えることもしばしばあり、ダークガイアの攻撃力と合わせて自分のたった一枚のダークコーリングで相手のライフを一気に削り取ることができます

基本二枚一対で戦っていくヴェルズデッキにおいて、一枚で強力な返しになれるカードはすごく強いです
兎ラギアにはない、ヴェルズ自身が採用できる利点です。是非、一度試してみてください

▼採用しなかったカード群

まずは、コメントにもあったヴェルズサンダーバードです
序盤におけるトラップビートに対しての最強クラスの回答になるんじゃないかと思うほどこのカードは強いと思ってます
ですが、ヴェルズの戦法とかみ合わないんですよね

ヴェルズは、先行一ターン目にどれだけエクシーズの強力なメタモンスターを立てられるかで勝率が変わってきます
その為にはヴェルズのモンスターを多くしなければなりませんが、そうなると魔法トラップを減らさないといけません
減らしちゃうとサンダーバード効果が発動できないのでヴェルズデッキとサンダーバードはかみ合わないのです

また、サンダーバードを生かすのなら、幻銃士のようなカードを用いてデッキを作ったほうが強く、総じてサンダーバードはヴェルズのカードではありますがヴェルズにこだわらず、サンダーバードを活かす方向で作ったほうが
強いと思います

次に、マクロコスモスです
現環境のトップデッキのほぼ全般に対して最強クラスの回答を誇るこのカード、自分は十分採用できると思います
ですが、ダークコーリング&冥府の死者ゴーズというパワーカードを抜いていいのかどうか、更にはヒーローという裏目が存在したりとヴェルズ自体に影響はないものの、デッキ全体のパワーダウンが存在することから自分はサイドでいいという位置づけになりました

▼総括
ざっとこんなものでしょうか……
兎ラギアで充分とか思ってる人が多いと思いますし、ヴェルズを使っている人もその問題に悩むこともあると思いますが、このデッキなら十分差別化は出来ていると思います

また、そんなことを言ってくる人に対してこのデッキでぶちのめした後「兎ラギア?なにそれヴェルズの下位互換じゃんwまだそんなん強いと思ってんのwwww」とか煽りまくれるのは兎ラギアにはない利点だと思います(笑)

勝利は自分の考えが正しいことの証明です。なので自分が勝ってヴェルズが強いことを証明してやりましょう!(笑)

ヴェルズ其の弐、勝ち筋

まずは、ヴェルズについての勝ち筋をお話しします
モンスターにアドバンテージをとる手段が兎とダムドのみで、エクシーズモンスターを含めるヴェルズモンスター全般がアドバンテージをとることが出来ないヴェルズデッキ
そんなヴェルズがどうやって勝つかというと、基本的にはオピオンというメタモンスターでの封殺です

そんなわけで、まずはオピオンがいかに強いモンスターかということを軽く説明していきたいと思います

20111118161508139_convert_20120203145456.jpgまず、ヴェルズモンスターの主力のオピオンですが、一つ目の効果のレベル5以上のモンスターを特殊召喚できない効果はインヴェルズローチのほぼ上位互換です。強いですね
二つ目の『侵略のと名のついたカード』ですが、このデッキでは侵略の汎発感染のみ入っています

この汎発感染の能力をヴェルズオピオンに適用すると、ヴェルズオピオンの効果は『このカードが存在するとき、レベル5以上のモンスターは特殊召喚できず、またこのモンスターは魔法、トラップの効果を受けない』になるわけです

ほぼエクシーズモンスターでしか突破されなくなるわけです、なおかつエクシーズモンスターを用意してきたとしても、こちらは最低限のトラップカードを用意しているわけで、一回オピオンを立たせるだけで戦況を強引にこちらに傾けることが可能になるわけです

また、オピオンを超える攻撃力のモンスターがすでに存在していたとしても、禁止カードの強奪以上の効果を得るヴェルズバハムートの効果を使うことで、相手の強力モンスターを奪い、そのままゲームエンドに持ち込むことが可能となります

この強力な2種類のエクシーズモンスターを使い、盤面を制圧していくのがヴェルズの基本的な戦術となります

さて、どうやってこの強力なモンスターを繰り出して行くかですが、基本的にはヴェルズカストルorヴェルズマンドラゴの効果を使い、特殊召喚+通常召喚で上のエクシーズモンスターを召喚していきます

ここで1つ注意ですが、このデッキもまた、セイクリッドと同じく奈落や警告に弱いです
ですが幸いにも、ヴェルズの下級モンスターはステータスが高いので単体でも十分戦闘に対して有利に運んで行けます

ですので、伏せがあったら最初からオピオンを出していくのではなく、アタッカーを用いて伏せをめくらせて可能な限り伏せを減らしてからエクシーズ召喚に進んで行ってください

あと、もうひとつエクシーズモンスターを可能にするカードがあります
レスキューラビットです

無題とはいっても、兎を三枚投入するにはバニラが2種類必要だったので、必然的にセイバーザウルスが入りました

兎からのセイバーザウルス二体でエヴォルカイザーラギア!ヴェルズ超強いです^^

……冗談です、一応救済の言葉をかけておくと、グアイバを使うラギアはヘリオロープを上手く生かすことができません(ランク4エクシーズが基本となり、バハムートも効果使えればいいなあレベル)
ですが、ヴェルズデッキであれば、二体目の兎もバハムートやオピオンといった超強力なモンスターに代わってくれるので無駄がありません

兎ラギアよりヴェルズデッキのほうが、兎を上手く活かすことが出来るんですね

とまあ今日はこんなところです
次回は、ダークコーリングと採用しなかったカードについて述べていきます
土日を挟んで月曜日からの更新となりますが、お許しください

……ちなみに画像は仕様です(笑)効果はリンクを貼ってあるのでそちらでご確認ください^^

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメント返信

M7と相性のいいオネストやヴェーラーは何故採用していないんですか?
2012-02-02(21:12) : がんでん

自分もエスカ敬遠してグレディ積んでたんですが、序盤で手札なくなって負けちゃうんですよね。。ってことでエスカ積んだらアド問題が解決しました。

あとせっかくのトレミスなのでオネストはぜひ採用すべきかと思います!
2012-02-03(00:59) : ななたろう URL

エスカ強いですよね(*^_^*)
オネストについてですが、かなり最後まで採用を迷ったモンスターで、オネストで勝てた試合もありましたが、エクシーズモンスターを常に立たせる戦術上、戦闘における優位はある程度確立できるのでオネストはいらないという判断です
甲虫装機相手にほぼクズと化するのも痛いです

ただ、やはりトラップビート系統には強かったのでサイドデッキなら充分採用を考えられると思います

エフェクトヴェーラーについては、インゼクター相手にこのレシピである程度有利を取れたので必要ないと思います
単純にデモチェと役割が被るというのもありますし……

M7で回収できることを利点に挙げてらっしゃいますが、先行一ターン目以外でM7が次のターンまで生き残ることはほぼありませんし、仮に生き残ったとすればそれは8割勝ちゲーですから余りM7の回収効果はアテにしないほうがよろしいかと思われます

はじめまして。カード検索から飛んできました。
セイクリッドですが、思い切ってマクロコスモスをメインから投入するとなかなか面白い動きをしてくれました。☆3でリヴァイからの帰還等もできます。

これはネタの域になるかもしれませんが、ヘリオスなんか積んで☆4でオメガ狙うとかもいけるかもしれません。
2012-02-02(22:50) : Oracle URL

除外戦術ですか、面白そうですね
ただ、リヴァで帰還させたあと何をするのかとか、構築センスが問われそうで、尚且つ少ないですがセイクリッドも墓地を利用するのでマクロコスモスはアンチシナジーだと思います

おっしゃられたギミックは出張が可能そうですし、ヴェルズ等の方がうまく動きそうで、セイクリッドでやる意味あるのかな…?とか思っちゃいます。すいません

テーマ : ͷ
ジャンル : ゲーム

アクセス100回記念!

このブログのアクセスが100回を超えました!
ブロガーからしたら「それがどうした」レベルですが、自分にとっては1つの節目です

皆さん、ありがとうございます
これからもこのブログに末永く付き合っていただければいいなと思います

これからも記事更新頑張ります!

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

ヴェルズ其の壱、デッキレシピ

効果が分からない方はヴェルズwikiページこちらをご覧ください

veruz_convert_20120202183312.jpg

モンスター(20枚)
レスキューラビット×3枚
ダーク・アームド・ドラゴン
セイバーザウルス×3枚
ヴェルズ・マンドラゴ×3枚
ヴェルズ・ヘリオロープ×3枚
ヴェルズ・カストル×3枚
インヴェルズの先鋭×2枚
エフェクトヴェーラー×2枚

魔法(13枚)
大嵐
増援
侵略の汎発感染×2枚
死者蘇生
月の書
闇の誘惑
ブラック・ホール
ダーク・コーリング×2枚
サイクロン×3枚

罠(7枚)
奈落の落とし穴×2枚
神の宣告
神の警告×2枚
激流葬
ダスト・シュート

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
E-HERO ダーク・ガイア×2枚
イビリチュア・メロウガイスト
ヴェルズ・ウロボロス
ヴェルズ・オピオン×2枚
ヴェルズ・タナトス
ヴェルズ・バハムート
ジェムナイト・パール
エヴォルカイザー・ラギア
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


DTの侵略者、ヴェルズです
俺、正直最初はヴェルズって何すんの?って感じで全く興味がなかったんですが、友達にヴェルズオピオンを出されて完封されまして、興味をもちました
次はそんなヴェルズの解説をしていきたいと思います

画像が雑誌の切り抜きなのは、それ以外にいいやつがなかったからです
テキトーにスルーしていただければと思います(笑)

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメント返信

はじめまして〜
私もライロを使い続けているものです♪
また考察を聞きたいです
2012-01-31(13:49) : hiro

ありがとうございますっ!ライロはもうやっちゃったので当分考察はしないですが、他のデッキの考察やら何やらやって行きたいと思っているのでよければそちらも一緒にご覧ください^^

サイクロンの使い方其の弐

▼アドバンテージを得られるサイクロンの打ち方

もっとも簡単なのは自分がモンスターの展開をする前にサイクロンで相手の伏せを減らし、場を開けて確実にモンスターを展開させるというやり方です
恐らく、これが一番サイクロンでよく使われているやり方でしょう

ただ、この使い方を1対1交換と言えるかは疑問です
というのも展開していけば、それでアドを得られるのが遊戯王なんです
ライブラリアンフォーミュラの布陣然り、ダムド然り、ヒュペリオン然り

ですから交換比率だけ見れば1対1交換ですが、実質的にサイクロンのお陰で場を開けてモンスターでアドをとることが出来ているので1対1交換以上の仕事をしているという素晴らしい使い方なのです


1対2交換
サイクロンを打つ上で最も成し遂げたいのが、やはりこの1対2交換でしょうか
それを成立させるにはどうすればいいかというと、簡単にいえばサイクロンにサイクロンを打ちこまれ、それにチェーンして伏せを破壊することでアドバンテージを得ていくことが可能になります

一見、相手依存でかなり難しい条件に見えますが、実際はそんなことないんです

サイクロンだけではなく、何らかの伏せと一緒にセットすることで、ゴッドバードアタックやデュアルスパークでサイクロンを対象にさせ、サイクロンを別の伏せに打ち込んで2対3、悪くとも損失を抑える3対3交換に持ち込めます

状況にもよるでしょうが、BFやヒーロービートという相手としては、高い戦闘能力で戦闘破壊を成し遂げ、戦闘による0対1交換を成立させたいでしょうから、相手の場を開けたくてデュアスパやゴドバを伏せに対象を合わせに行きます

その心理を利用してサイクロンでアドバンテージを得ていくのです

サイクロンは考えなしに使っていると、確実に損をします
でも、きちんと意識をするとアドバンテージを取りに行くことが可能になります

実際自分もこんな使い方があると知ってからは、サイクロンを無駄には使わなくなりました

こんなにも有効な使い方があるのですから、それを強く意識してアドバンテージをとる使い方をしていただければなと思います


では、これで終わります
よければ感想や、他にもなにか有効な使い方があれば教えてほしいです

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

プロフィール

つみんちゅ

Author:つみんちゅ
兵庫県の三ノ宮あたりに生息してるトラップビート大好きで、様々な型のヒーロービートを手当たり次第に触ってる遊戯プレイヤー。

CSで優勝して、レシピとゲーム機の写真をブログに上げてドヤ顔するのが当面の目標。


ツイッターもやってます。更新通知とかフォローしてもらうだけでタイムラインに流れて便利ですので、よければフォローお願いします^^

遊戯王 ブログランキングへクリックしてくれると嬉しいです

フリーエリア
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ツイート