スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッキ記事案内

自分のブログを見返していると、どうも記事が見にくいということがありましたので、デッキ記事リンクを作ろうと思いました
あいうえお順で書いていってますので、お好きな記事へどうぞ

因みにこちらの記事はCSで結果を残し、テンプレというものが出てくる以前に作っていて、現在では既に古くなっているというレシピもあります。
そういったレシピの考え方各種については、記事を作っている以上恐らく一定の質はあるとは思っていますが、そういったレシピの完成度についてはご了承ください。

あと、見て欲しいオススメ記事こちらもどうぞ
どんなデッキにも通じる、様々なプレイング集やちょっとした定義付けなどを中心に記事にしてあります

インフェルニティorリローダーパーミッション記事
ヴェルズ記事
兎マシンボンバー記事

ギアギア其の壱 CSレシピ考察

セイクリッド記事
聖刻記事

ドラグニティ其の壱 大会デッキ考察

ヒーロー系統記事

魔轟神orユニコールコントロール記事
魔導記事

ライトロード記事
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

4年間の集大成!!ヒーロービート解説其の参 環境デッキとの戦い方&サイドチェンジpart2

神戸CS2位! ドライブヒーローデッキレシピ
4年間の集大成!!ヒーロービート解説其の弐 環境デッキとの戦い方&サイドチェンジpart1

期間が開きすぎてレシピ忘れた方もいると思いますので、そういった方は上からもう一度参照してください。


つーか、これを書き始めたころは禁止制限情報来てなかった頃だからデッキの原型が崩壊するレベルの規制確実だと思って絶望してて、それで集大成!なんて書いたけどもう集大成でもなんでもない気がしますw

まぁ今水精鱗使ってるしいいのかな…?


▼対ガジェット
ヒーローにとって辛いデッキタイプのガジェットについてです。

0379_convert_20120831195540.jpgガジェットに対してのプレイングで注意すべきことは《血の代償》のワンキルに絶対的な警戒を払うことと、《カードカー・D》を無理に使わないことが挙げられます。

前者は当然ですね。ヒーローでなくてもサイク温存等で突然のゲームエンドには絶対にさせないことは意識するでしょう。
後者に関しては、ガジェット相手の《カードカー・D》は先行1ターン目か除去罠等でテンポを取ったときにしか使えません。

その為、他のデッキより《カードカー・D》を積極的に使用することはせず、時には《超融合》で捨てることなども必要になってくると思います。

そういうことをし、尚且つガジェット相手に対しては常にテンポを取っていき地道に勝ちまで持っていくように心がけます。
具体的には常に自分の場にモンスターが存在し、相手のガジェットに対して戦闘破壊での撃破を図れる状況にすること。

ひたすら相手の除去を潜り抜けて、そうしてテンポの面でガジェットに対して有利に立つことが出来れば相手はガジェット単体では返しを図れず、メインの状態では攻撃反応カードはミラフォ程度しか存在しないので《ブリキンギョ》や《二重召喚》、マシンナーズ群での返しを図ってくることになります。

そこさえ除去で仕留めていくという流れが形成出来てようやくガジェットには勝ちを得ることが出来ます。


また、1つ忘れがちですが《超融合》を放つモンスターはガジェットやマシンナーズなどは基本的に地属性で構成されていて出てくるのは《E・HERO ガイア》という貧弱なモンスターが基本になりますが、一つだけ例外があります。

《ブリキンギョ》です。

こいつのみは何故か知りませんが水属性ですので、コイツに《超融合》を当てれば強力な融合ヒーローの《E・HERO アブソルートZero》が出せるようになります。

20120717019_convert_20120831195511.jpgその際《ブリキンギョ》の効果で特殊召喚されたガジェットのサーチ効果にチェーンして《超融合》を放てば《奈落の落とし穴》や《神の警告》等の召喚系反応罠にかからないオマケ付きの《E・HERO アブソルートZero》が出てくることになります。

覚えておくだけでゲームを取れるかどうかが変わってくる試合が必ずあるプレイングです。
是非、覚えておきましょう。


サイドチェンジ
out
《カードカー・D》3
《エフェクト・ヴェーラー》3
《超融合》1

in
《奈落の落とし穴》2
《スキルドレイン》3
《聖なるバリア-ミラーフォース-》1
《昇天の黒角笛》1


《エフェクト・ヴェーラー》に関しては先行《ギアギガント X》を止める可能性を秘めたカードなので入れるという方もいるかもしれませんが、《二重召喚》という裏目があり効力自体も高くありませんので抜き。
《カードカー・D》に関しては相当使いにくく、《超融合》はアド損なので一枚抜きです。

それらを抜いてそれなりに有効と思われる除去と《スキルドレイン》を投入します。


サイド後の戦い方としましては、基本的に不利とされるガジェット戦において唯一有利を取れる要素である《スキルドレイン》を擁立させることです。

0378_convert_20120831195428.jpg例えば自分は初手6枚に一枚《スキルドレイン》が存在し、《強欲で謙虚な壺》を発動《スキルドレイン》が見えた時、自分はよっぽどのことがない場合更に《スキルドレイン》を手札に加えます。

《スキルドレイン》は《サイクロン》や《大嵐》で簡単に壊されてしまうとても頼りない永続罠です。

その為、相手のサイクや大嵐は常に意識する必要があり、それへのケアとして二枚目の《スキルドレイン》を手札に用意するのは当然だと考えます。

仮に相手がサイクや大嵐を持っていなく、二枚目の《スキルドレイン》が腐ってしまっていてもそれは大した問題ではありません。
スキドレさえ発動にこぎつければ相手はガジェット群、《ブリキンギョ》、《二重召喚》、《血の代償》とデッキの根幹ギミックのすべてが腐り、まともに勝負することすら困難な手札に変貌するからです。

これに比べれば自分の《スキルドレイン》が一枚程度腐っていようと関係ないはずです。そのままゴリ押しを仕掛ければ簡単に勝てるはずですから。

基本的にガジェット戦は不利で、それはサイド後も変わるわけではありませんがそれでも勝てないほど絶望的な相手ではないはずです。
きちんと様々なアドバンテージを考えてやれば相手の先行ギガントX以外は勝っていくことも可能だと思います。頑張ってください。


▼対ラビット
環境における二つ目の不利な対戦カードですね。

まず、ラビット戦ではヒーロービートの1900打点に比べてラビットの基本打点は1950であり、ヒーロービートの強みの一つである『強力な打点を持って盤面を有利に進める』ことが全くできません。

それに加えて相手は次元を利用するのでヒーローの強力な切り札である《ミラクル・フュージョン》や放つだけでアドバンテージを稼げる《ヒーロー・ブラスト》が完全に腐ってしまいます。

更には《レスキューラビット》から生成する《ヴェルズ・オピオン》や除去回避能力に優れた《ヴェルズ・サンダーバード》等。最早どこに有利が付くのかさっぱり分からないような対戦カードであり、一番苦手と言っても過言ではないほど辛い相手になると思われます。

そんなラビット相手にどうやって戦えばいいのか。

答えは単純にモンスターでごり押すことです。
自分のモンスターは相手の1950打点にすべて負けています。それはモンスターが戦闘で負けるということにより明確なアドバンテージになり得ないことを示しますから、四の五の言わずライフダメージを一気に与えて勝つのが一番正しい方法です。

自分の場にモンスターを立てて、相手のモンスターに対して除去を打ってひたすらダイレクトアタックを仕掛けるのが一番の勝ち筋になると思われます。

ジリ貧などになってしまうと絶対に打点の面で有利に立てず負けてしまうので、豊富なリソースがあるうちに最速で勝負を決めにいきましょう!


card100001814_1_convert_20120831195638.jpgサイドチェンジ

ヴェルズラギア
out
《エフェクト・ヴェーラー》(先行3
《神の警告》(後攻2
《激流葬》2
《ヒーロー・ブラスト》1
《ミラクル・フュージョン》1

ザウルスではなくアレキサンドライ型ラビットの場合のアウトカード

out
《エフェクト・ヴェーラー》(先行3
《神の警告》(後攻2
《ヒーロー・ブラスト》3
《激流葬》1

in
《冥府の使者ゴーズ》(先行1
《次元幽閉》3
《奈落の落とし穴》2
《聖なるバリア-ミラーフォース-》1


二戦目以降は先行ラビットからの《ヴェルズ・オピオン》をされると9割負けが確定するのでこちら後攻時のみ《エフェクト・ヴェーラー》は温存。逆に《神の警告》は《ヴェルズ・オピオン》or《ヴェルズ・サンダーバード》ビートの際ライフが厳しくなるので後攻時は抜き。

激流葬に関しては前述したモンスターを立ててひたすらごり押す戦法に合わないのと、《禁じられた聖槍》で残る可能性を否定できないので抜き。

《ヒーロー・ブラスト》《ミラクル・フュージョン》に関しては相手が次元を使う以上強さにムラがあり、2枚以上来てほしくないため共に一枚ずつ抜き。

アレキサンドライ型の場合はヒロブラはラビットと、入っているか分からない《ヴェルズ・カストル》《カードカー・D》などが標的であり、非常に不安定なので3枚全抜きします。


card_5258_convert_20120831195611.jpgその枠に除去を盛り込んでいきます。ゴーズが先行時のみ投入なのは常に《ヴェルズ・オピオン》ビートの不安を抱えるので後攻時だと強さが不安定だからですね。


二戦目以降の戦い方としては、《禁じられた聖槍》に気を付けることです。

相手のモンスターにむやみに《デュアルスパーク》を打ってドロー出来なくなるというのは当然一戦目から気を付けなければいけませんが、《次元幽閉》の使い方にも一つプレイングがあります。

例えば自分の場にモンスターがいない時に相手の《ヴェルズ・ヘリオロープ》に《次元幽閉》を打った場合、そこにチェーン《禁じられた聖槍》で避けられるんですよね。

これ、一体でもアナザーネオスが場にいれば《禁じられた聖槍》で避けることは攻撃力の関係上不可能で、どうやっても《ヴェルズ・ヘリオロープ》を倒すことが出来るようになります。

《禁じられた聖槍》を打たせないプレイング、ということですね。1950がフィールドに居座られるかどうかは時としてゲームが終わるかどうかというほどに影響する場合があります。

きっちりと除去が出来るように心がけていきましょう。あと、サイクを温存して《マクロコスモス》に打つのも忘れずに。


▼対水精鱗
新しいアーキタイプのデッキですね。めっちゃ要望があったので書いていきますw
まず、まだ水精鱗を知らない。やってないってガチプレイヤーの方は今すぐ対戦してきましょう。この時期に水精鱗に初見殺しされるのは凄くマズイですよ。

これからもどんどん環境に食い込むことが予想されるジャンルですし。現時点での暫定環境トップだとまで自分は思ってるくらいですから。

そんな水精鱗ですが、ハッキリ言ってヒーロービートは水精鱗は結構キツイジャンルだと思います。

水精鱗自身が伏せを剥がしやすいジャンルで、1対1交換を主として戦う罠ビート全般を得意にしているのがあり、油断していると一瞬で食われてしまうタイプなんですね。(神戸CSの準決勝で勝てたのも割と奇跡だと思ってる)

201207072051279ca_convert_20120831195710.jpgそんなヒーロービートにとって天敵ともいえる水精鱗ですが、水精鱗と戦う際一番気を付けなければいけないのはリクルーターの《水精鱗-アビスリンデ》です。


「なんかモンスターがセットされたからとりあえずヒーローで攻撃するか」なんてのは絶対に厳禁で、即座に《水精鱗-アビスリンデ》効果で 《水精鱗-メガロアビス》という2400打点が降臨され、殴り返されてアドバンテージを取られてしまいます。

自分自身も使ってるからこそ言えることですが、水精鱗は動きのスタートをリクルーターの《水精鱗-アビスリンデ》&その《水精鱗-アビスリンデ》を持ってくる《アビスフィアー》にかなり頼っていると言えます。

このリクルーターに翻弄されないこと。これが水精鱗に対してヒーローが戦う土俵を用意するための第一歩になります。ここで翻弄されると即座にゲームエンドですのでご注意を。

また、この《アビスフィアー》ですが、このカードはメイン2に発動するのが好ましい罠です。メイン2に《アビスフィアー》を発動し、効果で《水精鱗-アビスリンデ》を特殊召喚、エンド時《アビスフィアー》自壊から《水精鱗-アビスリンデ》自壊効果で水精鱗を持ってくるという動きが水精鱗の一つの動きになります。

ですので、相手に伏せがある場合《サイクロン》は手札に握っておきましょう。むやみに伏せると《サイクロン》があるのに伏せちゃったから《アビスフィアー》に対して打てないなんてことになりかねません。

手札に握っておいて、コチラのメインフェイズに相手の《アビスフィアー》が発動されたとき即座に破壊していけるようにすればそれだけで相手のスタートエンジンを潰すことが可能になります。


card100006134_1_convert_20120831195803.jpg後は水精鱗が苦手としているものの一つに『高打点を出されること』があります。

《海皇の重装兵》や《深海のディーヴァ》があることからなかなかそう思いにくいってこともあるかもしれませんが、実際《深海のディーヴァ》をシンクロに使うって水精鱗側からするとかなりもったいない行為なんですよね。

水精鱗の基本打点は 《水精鱗-メガロアビス》の2400打点なので、それを超える打点を出してやれば水精鱗はたちまち動けなくなることも結構多いです。


ですので《ミラクル・フュージョン》や《超融合》等のカードはかなり水精鱗側にとって脅威になります。

単純に場を開けて《ミラクル・フュージョン》でも水精鱗側からしたら十分な脅威になります。《超融合》に関しても突然除去+《E・HERO アブソルートZero》はアホみたいに強いですから、これらを上手く使ってペースを握ることも重要になります。頑張ってください。


サイドチェンジ
サイドチェンジですが、結果を出した神戸CS当時はまだ水精鱗が勢力を伸ばしていなくそれ故にサイドで水精鱗を想定していません。ですので、数が合わないということになっています。

抜くカードと水精鱗に対する有効なメタカードをここに提示しますので後は自分で考えてもらえれば…と思います。

out
《カードカー・D》1
《エフェクト・ヴェーラー》3
《激流葬》2
《ヒーロー・ブラスト》1

《カードカー・D》は《海皇の狙撃兵》のダイレクトを考えると何ターンも場を開けるわけにはいかないので一枚アウトし、《エフェクト・ヴェーラー》はそもそも効かないので全抜き。

《激流葬》は自分のモンスターを巻き込む以上相当怪しいので抜き、《ヒーロー・ブラスト》も当てて強いのが《海皇の狙撃兵》系統のみなので1枚抜き。

2枚残してるのは新環境になってから水精鱗のサイドにスノーマンが流行っているからですね。


『水精鱗メタカード』
《増殖するG》
《アビスフィアー》に打って《強欲な壺》、《深海のディーヴァ》に打って1ドロー+抑止力。使われた感想としてはめっちゃ強いです。みなさん使っていきましょう。

《スキルドレイン》
悪くない。狙撃兵をよけることが出来、尚且つディーヴァやパイク等を封殺できるカードになります。
ただ、リンデメガロビートは止められません。別の手段で何とかしましょう。

《マクロコスモス》
強い。でもヒーローじゃ扱いづらい。次元エアトスでも使わないと辛いけど、そんなんするならラビット使った方がましだと思います。

《マインドクラッシュ》
相手の《水精鱗-アビスパイク》や《海皇の竜騎隊》、 《水精鱗-メガロアビス》にも特殊召喚時は手札を見せるのでその時に放つことで落とせます。強いです。


サイチェン後の戦い方としては《水精鱗-アビスリンデ》に似せた《スノーマンイーター》に注意するくらいです。というかめっちゃ戦い方初めに書いたのでもう書くことがないですねw


▼あとがき
ホントはカラクリやカオスドラゴンも書こうと思ったのですが、カオスドラゴンに関しては禁止制限改定で完全に終了のお知らせ。
カラクリに関しては、自分自身がよく分かって無くてあまり書けないってのがあります。

実際新環境のカラクリはマッチではまだ一度も負けてないんですが、なんで勝ててるのかがそもそもわからないというか…なんか順当にこなしてたら勝ててるみたいな感じで、罠が強いのかな~?とはおもうのですが、実際どうなのかは分かってないので書けるモノが全部予測みたいなものになると思ったので書きませんでした。すいません。

まぁこんな感じで、以上です。
次は自分の水精鱗書くか、何かほかのネタがあればそっちを書くか…気分次第ですが、ぼちぼちやっていきたいですね。

こんなつたない記事を最後まで見て行ってくれてどうもありがとうございました

あとやるやる詐欺すいませんでしたw

カード王CSレポート

ラピュタさんとみんとーんさんに組んでもらいました!


使用デッキ:水精燐

対戦相手 ラヴァル ××

一戦目
相手の伏せを弾きながらゆっくりと展開。
少しずつライフを削って、手札が整ったので残りのライフを削りに行こうとしたらデッキに狙撃兵が無く、泣く泣くダイガスタフェニクス。

当然のようにキャノンで場を返されて爆発。死。

二戦目
初手竜騎兵3でデッキの海王が尽きそうになるクソハンドも頑張ってやりくりしていくも、ディーヴァ重層竜輝の場に蘇生ランスロッド。これを神するのを忘れてズルズル向こうのペース。負け。


そんなわけで一落ち。チームの二人にはホントに申し訳なかったです。

その後のフリーもめっちゃ散々でしたし…調整をロクにする時間が取れなかったのが原因ですね…。
調整不足で負けるとかホント申し訳ない…。次の3連戦CSはそんなことが無いようにしっかり調整していきたいです。

終わり


ヒーローは明日までに完結させる!ここで宣言しとく!!

書く想定相手はガジェット、マーメイル、カラクリ、ヴェルズラビットかなぁ…。ある程度しっかり書けそうだし。

カード募集 マーメイル

海皇の重装兵×2枚
海皇の狙撃兵×3枚
水精鱗-アビスグンデ
水精鱗-アビスリンデ×3枚
海皇の竜騎隊×3枚
水精鱗-アビスパイク
水精鱗-メガロアビス×3枚

募集します。三ノ宮近辺もしくは大阪のオタロード?(カードショップやアニメイトが大量にあるとこ)日本橋で受け渡しできる人で誰かコレ全部出してもいいよ!って人はお願いします。

1枚からでも全然募集していますが、まとめて出せる方が出てきた場合そちらを優先すると思います。ご了承ください。

というか、デッキが組めるかどうかの死活問題ですwお願いします!

4年間の集大成!!ヒーロービート解説其の弐 環境デッキとの戦い方&サイドチェンジpart1

ここからは、環境デッキに対しての戦い方をサイドチェンジと共に解説していきます。
追記:サイドが大幅に変わったので2012年8月20日に加筆修正を行いました。環境を振り返り、思い出しながらよければもう一度ご覧いただけると嬉しいです。


▼対甲虫装機
一番のカモとなる対戦相手です。
ぶっちゃけここに勝てなければヒロビ止めた方がいいというくらいでしょうね。

20111120019_convert_20120808194125.jpg甲虫装機相手には順当に除去を当てていけば確実に一戦目は取れると思います。

除去の当て方ですが、相手のデッキに入っているメインカードで注意するべきなのは主に《大嵐》《リビングデッドの呼び声》《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》《ダーク・アームド・ドラゴン》《甲虫装機 ギガマンティス》の5種類です。

なので常に墓地&大嵐を警戒することは最低条件です。
その上で、サイクロンは基本的に温存することが条件になります。特に相手の墓地に《カードガンナー》や《クリッター》などがいる場合、ぶっぱサイクなんてのは厳禁です。

こんなところでアドを取られていては勝てるところも勝てません。サイクは温存し、相手の《リビングデッドの呼び声》発動に合わせてきっちりと相手の二段階三段階目の攻め手を潰すように心がけて下さい。

また、《甲虫装機 ギガマンティス》等の突然の大型も要注意カードです。
これらのカードのケア方法としては、《デュアルスパーク》や《超融合》等のフリーチェーン系を可能な限り後まで温存することが挙げられます。

とはいえ、相手の突然の《禁じられた聖槍》に詰まされる可能性もあるので《デュアルスパーク》には余り信頼は置けませんが。


とにかく、相手の大型を意識して突然の事故レベルのパワーカードに対しても落ち着いてフォローできるような場の布陣を築くことこそが一番の虫に対しての勝率を上げる戦い方となるでしょう。


20120305_2364408_convert_20120808194453.jpgサイドチェンジ

カーガン虫
out
《ミラクル・フュージョン》1
《フォトン・スラッシャー》1
《超融合》1
《激流葬》2

in
《転生の予言》1
《スキルドレイン》3
《大成仏》1

ギガマン虫
out
《ミラクル・フュージョン》1
《フォトン・スラッシャー》1
《超融合》1
《激流葬》2
《カードカー・D》1後攻のみ

in
《転生の予言》1
《大成仏》1
《次元幽閉》1
《スキルドレイン》2(後攻のみカーDと入れ替えて3)


甲虫装機には《リビングデッドの呼び声》を使用して1ターン中に複数回の攻め手を確保するカーガン虫と先行等で大きくブン回って一気にカタを付けるギガマン型があります。それによって微妙にですがサイドチェンジを変えていきます。

ちなみに《大成仏》はレシピ時点では《オーバースペック》です。《オーバースペック》はギガマン破壊の役割を為せないということが判明したので《大成仏》に変更してあります。

初手で二枚以上握りたくない《ミラクル・フュージョン》を1枚アウト、アド損である《超融合》も減らし、《フォトン・スラッシャー》も虫に対しては効力を要さないどころか、《E・HERO アナザー・ネオス》を並べにくくなり、結果《デュアルスパーク》を筆頭としたヒーローサポートを放ちにくくなるので抜き。

《激流葬》に関しては意外に思われるかもしれませんが、その理由としてはそもそも相手はモンスターを並べないデッキであることが1つと《カードガンナー》や《クリッター》等で相手はモンスターを召喚することを誘ってくるということがもう一つの理由になります。

こいつらを戦闘破壊しにモンスターを召喚した場合、その時点で《激流葬》は自分の場のモンスターを巻き込むので有効な交換が出来ません。
無論《カードガンナー》や《クリッター》を放置する選択肢もないので、アドが取りづらく使いづらさがある《激流葬》は絶対に抜きになります。

それらを抜いて、相手に対して有効な交換が図れるカードを投入となります。

card100002890_1_convert_20120820205401.jpgギガマン虫に対して後攻時抜く《カードカー・D》と入れる《次元幽閉》に対しては疑問を覚えるかもしれませんが、ギガマン虫は《スキルドレイン》や《エフェクト・ヴェーラー》で封じても手札の《甲虫装機 ギガマンティス》やエクシーズ《No.30 破滅のアシッドゴーレム》等で一回は大型を繰り出してきます。

その大型を倒すための《次元幽閉》になりますね。

《カードカー・D》に関しては相手が初手で動かない場合凄く強いのですが、先行ダンセルグルフお得意のパターンやダンセルギガマンホーネット等をされた場合試合ペースがとても速くなるので《カードカー・D》は打つタイミングが全くなくなり超融合のコスト程度にしか利用できません。

決まったときの効力が大きいので2枚残留しますが、絶対に被りたくはないため1枚減らしています。

対甲虫装機の2戦目以降の戦い方として主に変わるところは《超融合》の警戒をすることです。

今、甲虫装機側はサイドカードに《超融合》を投入する人がかなり多いです。それはヒーローに対して絶望的なまでに取れない甲虫装機がヒーローに対して用意したある種当然と言える専用メタです。

なので、二戦目以降はモンスターを可能な限り並べないようにしてください。

また、《くず鉄のかかし》や《次元幽閉》等の攻撃反応系が投入されることもあり、ヴェーラーで動きを止めた甲虫装機を戦闘破壊にこぎつけられるまでの確率がそれなりに低くなります。

ですからサイクロンは時にはチェーンさせないエンドサイクのタイミングで打つことも望ましい場合があります。


正直相当な量のサイドカードを投入されてメタられている可能性が高いですが、それでも地力と相性の関係上対甲虫装機は取っていけるはずです。頑張ってください。


▼対ヒーロービート
ミラー戦ですね。
ここで一番重要なのは、伏せの置き方です。

A2851_Z1_convert_20120808195953.jpg《E・HERO アナザー・ネオス》に除去を打つ場合常に《デュアルスパーク》の脅威がある手前、場には除去カードを1枚のみに抑えるようにし、相手の《デュアルスパーク》では絶対にアドバンテージを取られないよう気を付けて下さい。

また、今1枚のみに抑えるようにと言いましたが自分が《サイクロン》を持っていて、相手がカードを伏せているなら話は別です。
サイクロンと除去を伏せて、相手のチェーン《デュアルスパーク》を《サイクロン》に打たせてチェーン《サイクロン》で相手のカードを破壊すれば同等の交換を行えます。

アドバンテージは同じですが、相手からすれば1枚の伏せより2枚の伏せの方が脅威なのは確実ですし、こうすればある程度《ミラクル・フュージョン》や《超融合》といった危険因子を回し打たせるといったことが可能になります。

そして、対ヒーロービートにおいての一番の《デュアルスパーク》回避方法は『戦闘破壊をすること』です。

こちらが《E・HERO アナザー・ネオス》で相討ちに行けば、相手もこちらの《デュアルスパーク》を恐れる手前お互いの《E・HERO アナザー・ネオス》が同士討ちすることは少なくありません。

更にこちらの場に《E・HERO アナザー・ネオス》が立っていて、相手の場にはモンスターがいないということになれば相手の《E・HERO アナザー・ネオス》も相討ちで除去れるので脅威になりませんし、そうなれば必然的に相手の《デュアルスパーク》の脅威もなくなります。


《デュアルスパーク》を警戒するのは警戒した方がいい場合のみであり、こちらが先にモンスターを召喚出来てテンポを取っているのであれば相手の後続の《E・HERO アナザー・ネオス》&《デュアルスパーク》は脅威に値しません。

なのでその場合《サイクロン》+《ミラクル・フュージョン》のような突破を図られないために2伏せ以上を敷いて確実に詰めに向かっていきます。

ここで書いたのはほんのごく一部です。想定できるシチュが多すぎてすべてをブログに書くことはハッキリ言って無理に近いです。

ただ、ヒーロービートミラーでは常に伏せの枚数を考え、相手にアドバンテージを取られないように場の布陣を築くことが大切になります。
ここは経験がモノを言いますから、何十回とヒーロービートとのマッチアップを繰り返してきちんと自分のやり方というものを会得していくのが必要になります。頑張ってください。


20110430_974952_convert_20120808195931.jpg
サイドチェンジ
out
《エフェクト・ヴェーラー》3
《神の警告》2
《神の宣告》1
《激流葬》2
《デュアルスパーク》1
《超融合》1

in
《奈落の落とし穴》2
《次元幽閉》2
《聖なるバリア-ミラーフォース-》1
《転生の予言》1
《異次元の女戦士》1
《冥府の使者ゴーズ》1
《D.D.クロウ》1
《しっぺ返し》1


除去をより有効な除去に切り替えるサイドチェンジですね。

《超融合》と《デュアルスパーク》についてはヒーローのパワーカードじゃないのかと疑問を覚えるかもしれませんが、《デュアルスパーク》はそもそもアナザーが相討ちを繰り返すことにより効率的な交換なんて上手いプレイヤーはさせてくれません。

そんなカードが2枚も被るのは好ましくないので1枚減らしておきます。

《超融合》に関しては某有名プレイヤーがアド損であることから全抜き理論を提唱していましたが、個人的にはナシです。

少し話がずれますが、ヒーロービートにおける《E・HERO エアーマン》って1アドカードになり得ないカードなんですよね。
理由は《E・HERO アナザー・ネオス》に負ける1800打点ということから場に出した時点で戦闘破壊の脅威に常に晒されます。

A88Z1_convert_20120820210128.jpg超融合が無い場合相手も《神の警告》等を抜いている都合上《E・HERO エアーマン》はほぼ確実にダイレクトアタックに向かっていけるバーンカードといったふうに俺は見ていますが、ここに《超融合》があった場合《E・HERO エアーマン》は超融合のアドバンテージ損という欠点をトントンに抑えることが出来ます。

更に超融合自身は相手の奈落などをよけて大型を繰り出せるという上手い噛み合い具合をもたらします。

そして《カードカー・D》で《E・HERO エアーマン》&《超融合》をドローによって引っ張ってくることも可能です。この辺りを意識して俺は《超融合》を2枚残留しています。

アド損という欠点さえなければ強いのが《超融合》ですからね。


二戦目以降の戦い方としては、《D.D.クロウ》を絶対に警戒することです。

ヒーロービートミラーに限った話ではありませんが、今対ヒーロービートに対してのマッチアップのサイドカードとして注目されている《D.D.クロウ》は某TPさんがツイキャスで紹介したことにより、認知度が一気に広がっています。

大型非公認大会に出る人で対ヒロビに《D.D.クロウ》を知らない人はほとんどいないと考えていいと思いますし、事実サイドにかなりの数の人が《D.D.クロウ》を投入しています。

ですので《D.D.クロウ》が無ければ、と考えるのは100%NGです。

《D.D.クロウ》は常にあるものとして考え、《ヒーロー・ブラスト》に頼った場の布陣を築かないように、他の相手の《E・HERO アナザー・ネオス》を倒す手段をきっちりと用意するようにして《D.D.クロウ》をケアするように努めて下さい。

《ミラクル・フュージョン》も同様です。墓地に3枚以上モンスターが貯まっていない時は安易に打たない様に。


▼対聖刻龍
対聖刻龍戦で一番警戒すべきなのは複数の《ナイト・ショット》や《サイクロン》で伏せを剥がされてからの聖刻1キルです。

その為、自分の防御はすべて敷いていきます。《大嵐》なんて完全に無視してガバ伏せを実行していきます。

「《大嵐》を食らったらどうすんの!?」と思われるかも知れませんが、聖刻は完全なるワンキルデッキです。
その為、《大嵐》で二伏せを飛ばされようが4伏せを飛ばされようがその後ワンキルでゲームは終了します。

《大嵐》をケアできるのはこちらの《神の宣告》のみで、それを握れているかどうかは完全な運ゲーです。

ですので、《大嵐》のケアをするという考えは聖刻戦では捨てて、それ以外の無理矢理なぶっぱに対して確実に防御できる布陣を敷くのが賢明だと思われます。


サイドチェンジ
out
《カードカー・D》1
《エフェクト・ヴェーラー》3

in
《奈落の落とし穴》2
《聖なるバリア-ミラーフォース-》1
《昇天の黒角笛》1


02220120218_convert_20120808200255.jpg
対聖刻は他のデッキと比べて対戦経験が少ないので少しサイドチェンジが外れているかもしれませんが少ないなりに勝てているので自分の意見を述べますと、《カードカー・D》は2枚以上ひきたくないというテンポの問題で、《エフェクト・ヴェーラー》に関しては疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、モンスターを絶対的に除去したいので効力が落ちる《エフェクト・ヴェーラー》は投入しません。

《聖なるバリア-ミラーフォース-》に関しては《聖刻龍-シユウドラゴン》にさえ気を付ければ全体除去が可能です。
攻撃反応カードなので若干信頼性は落ちますが、その分最後まで相手のカードを使わせてから放つのでハマればこれだけで勝てるといった性能の高さを評価して入れました。

二戦目以降も戦法は同じくガバ伏せです。
ただ、相手もガバ伏せの突破方法は勿論用意してきます。たとえばサイド《邪神の大災害》のような。

サイクや《E・HERO エアーマン》の破壊効果を駆使して丁寧にバックを剥がしたり、むやみにガバをしないなどの考えも必要になってくると思われます。

その状態で相手は手札誘発モンスターのトラゴ&ゴーズもフル投入してくると思われます。そちらに対しても意識を払って、それだけでビートされて負けないように気を付けて戦ってください。

▼対アライブヒーロー
基本的に聖刻とやることは変わりません。嵐=死は確実なので、ガバ伏せをしていきます。

2287.jpgここでアライブヒーローに対して意識していかなければならないのは自分と相手のライフポイントと相手の《ミラクル・フュージョン》の存在です。
アライブヒーローは聖刻とは違い、ワンキルだけでなく小刻みにライフを奪うのにもそれなりに長けています。

ですのでアナザーネオスのみでビートダウンして小刻みでライフを減らされると、それは相手のキル達成カード枚数を減らしてしまうことに繋がります。

一つの指標として、相手の一枚のカードから出てくる最高打点は2200×2=4400打点の《機甲忍者ブレード・ハート》です(エマージェンシー増援ヒーローアライブエアー等作るカードは多数)それ以上ライフを減らされると、相手はアライブ等の一枚のカードで《激流葬》等の全体破壊にすらリスクを負わずキルを狙ってきます。

可能な限りそれ以上ライフを減らさず、相手にキルに向かう際のリスクを負わせましょう。

2つ目の《ミラクル・フュージョン》ですが、これはバブルマン型ヒーロービートでも共通することなのですが《E・HERO バブルマン》+《E・HERO アナザー・ネオス》を融合素材として召喚してくる《E・HERO The シャイニング》は破壊されてもエクシーズによる大型をもう一度繰り出す構えを作り出します。

こうなったときカーD型ヒーロービートは事実上《超融合》以外に返せる手段を持ちません。ですので除去を即座にエクシーズに打つのではなく、時には《ミラクル・フュージョン》を警戒して温存するプレイングも必要になります。

相手のプレイを常に予測して、相手の脅威に対して可能な限り退けられるような除去の打ち方をしていきましょう。

サイドチェンジ
out
《ヒーロー・ブラスト》1
《ミラクル・フュージョン》1
《カードカー・D》1
《神の警告》2
《エフェクト・ヴェーラー》3

in
《冥府の使者ゴーズ》1
《奈落の落とし穴》2
《次元幽閉》3
《聖なるバリア-ミラーフォース-》1
《しっぺ返し》1


被ると弱いカードを少しずつアウト。
また、2000のライフがなくなると相手のキルラインが自動的に下がることになり色々とマズイので《神の警告》もアウト。《エフェクト・ヴェーラー》も効力が弱いのでアウトします。

A11834_Z1.jpgそれらを抜いて大量の除去を詰め込みます。


ハッキリ言ってアライブヒーローは逆スト意識です。
ヒーロービートの皮をかぶったワンキルデッキですので、一本目は防御札を抜けてワンキルのイージーゲームもよくあります。
その為大量のサイドカードを入れて確実に2本目三本目を取りに行くことが必要です。

プレイングにおける注意点としては、アライブ側もサイド超融合をやってくる可能性があるのでそれに警戒を払うことと、相手がガン伏せプレイングを読んで《ドッペルゲンガー》や《心鎮壷》をサイド投入してくる可能性があることです。

一つ目はモンスターを並べないことで解決できます。2つ目に関しては常に相手のモンセット+伏せに対して警戒を払うよう心掛けて下さい。時にはサイクロンをセットせず、エンド《心鎮壷》に対して手札から妨害できるようにしていくことも必要です。

アライブ相手はなんだかんだで相性は良好のはずです。頑張ってください!


■環境デッキは全部やるはずです。お楽しみに!

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメント返信

記事ありがとうございますw
ガーンデーヴァは虫のグルフ始動、リビデ、蘇生のケアをランク4でできるのが良さそうだと思ってます
今ってエメラルは候補にはあがらないんですか?
2012-08-06(21:45) : マスパペ

ヒロビの次の記事をなかなか書けなくて申し訳ないです
ガーンディーヴァ結局一回もその使い方しませんでした…。2戦目以降は超融合などがあるので論外、一戦目に関しても伏せが常に怖いのでほぼ完ぺきにリビングなどと判明出来る限りやらないですし、そのタイミングは一度も訪れませんでした。

エメラルに関しては、1800打点というのがすごく痛いと思います。
エメラルでアドバンテージをプラスにするにはエメラル自身がアドバンテージの一つで無ければならないのですが、今の環境1800打点は即座に戦闘破壊されます。

この時点でガジェット程度にしか活躍が望めなさそうなモンスターですし、15枚の枠を押しのけて入れたいかと言えばそんなことはありませんでした。


ガーンデーヴァはレベル4以下しか破壊できないのでゴーズトラゴのケアはできないです(´・ω・`)
2012-08-06(21:51) : マスパペ

アライブにそもそもゴーズトラゴは入らないので戦闘破壊されないという意味です。語弊がある文の書き方をしてごめんなさい。


とても参考になりました。
次の記事も楽しみです。
2012-08-07(00:31) : 乙女座

ヒロビ記事ってもう需要ないよな…とか思いながら書いてましたが、禁止制限で生き残ったのでモチベーションが際限なく上昇中ですw

なかなか時間が取れませんが、少しずつ書いていきますね!


俺の理論はこうだ。さぁかかってこい!


では生産性のある議論はできませんよ
2012-08-06(23:55) : 名無し

そうですね。
ですが、かかってこいと言うつもりは毛頭ありませんが、自分の理論はこうだ!と言えるほど自信を持たないとブログにアップ出来ないとも思います。

個人的には各々が自分の意見を持っているからこそ生産的な議論が出来るとも思っていますよ。


久しぶりです^^


魔導のレシピ書いて欲しいですー
2012-08-07(20:24) : シュラ

調整していなく、全く整っていないので全く書けません。ごめんなさい。


初コメです

いつも楽しく拝見してます

ユニコンのツアーガイド軸のレシピ書いて下さい

どこにも無いので切実に願っています
2012-08-08(15:46) : のの

ユニコンはツアーガイドが来る少し前ぐらいに記事にしようと思っています。
それまで期待してお待ちいただければ…と思います。


1.マエストロークやエクシーズ体に伏せ発動は確定。
フォートレスに対し脱出を発動しても一時しのぎにしかならないですし。
ならフォートレスやガジェ用に警告残したいので、マエストロークには脱出かな。

2.脱出使用ルート。
手札に奇跡があるならミラフォもらいます。
そしてシャイニング立たせてエンド。

ただライフに余裕があればノーガードでエンドし、ライフで受けるか警告で対処しますね。
でドローしたカードと奇跡をどう使うか考えます。

私としてはフォートレス警戒プレイがミスとは感じませんよ。
単純に相手が数ターン持ちこたえられる手札、転移、脱出とか揃ってたのが厳しかっただけかと。

あと台パンはかなりのマナー違反ですし、相手に不快感与えますよ。
2012-08-08(13:51) : 乙女座

自分で質問したのに随分コメ返が遅れてすいません。

やっぱりあれでよかったんですかね。ありがとうございます。
台パンに関してはホントそうですね。すいませんw

自分自身も台パンした自分にビックリしちゃいましたwわけを話すと対戦相手も含めて周囲皆笑ってくれたのでよかったですが、気を付けないとダメですねw


ラヴァルが無制限とはなんてことでしょう...
強いのは根こそぎかかってますね。爆発かからなかったのが遺憾ですが。
2012-08-11(17:26) : こばと

ラヴァルはそこまで強くないのです。
見たときの動きがキチガイじみているからそう思われるのも仕方ないと思いますが、自分で回してみると言うほど強くないジャンルだということが分かると思いますよ。

結構欠点あるジャンルです。それでも環境に食い込む動きは見せそうですが。


「遊戯王は衰退しましたとか」ww

俺のカオスドラゴン…OTL
六武衆も来そうな予感が…E・HEROいなくなったら、下級打点がアナザーのせいで息してなかった、BFが息を吹き返しそうですね
2012-08-11(17:39) : TAC

ヒーロー規制しないとかコナミさん分かってるね!w
カオスドラゴンは正直残念です。聖刻と共にイラストや動きがかっこよかったので自分使ってないですがそれなりに好きでした。規制される可能性は確かにあったのですが、皿や未来融合まで消えるとは…無念。

六武はヒーローがいなくなるのでキツイとみてます。BFは…旋風はブリュ禁止でいよいよ追い詰められてますよ。
墓地もヒーローいなくなったのは辛いです。墓地BF使いたいのです…。


未来融合は、カオスドラゴンの影響ですかね?HERO使いとしては、少々痛々し気もします。

皿は、不明ゾーンです。はたまたカオス・ソーサラーと書いてあったり、ディスクと書いてあったり。
まあ、ディスクだとしたら、リビングが無制限なのはおかしな話ですが...
2012-08-11(18:53) : カオス

カオスドラゴンとアライブヒーロー規制でしょうね。

皿はあれで確定らしいです。個人的には凄く好きなカードだったのですが…。


強力な地雷として六武はきそうですね
あとマイティがかかったとしても海外ゼンマイがどこまで来るか気になります。
2012-08-11(19:08) : 名無し

相性がいいデッキがいないので微妙くさいです。

海外ゼンマイ…個人的にヒーローがかかって海外ラビット&シャークが来たときゼンマイハンデスで無双しようとしてましたので、ゼンマイティは結構ガックリきてます。
強いようなら使いたいですね…どうなのだろうか?


爆発準くらいしてくれて良かった気もしますが、まあ次のパックの販促でしょうか(守備200の新カードガクブル)
とは言え良改定ですかね。
皿が開闢の相互互換に名実ともになったことに感動...しているのは使ってない人だけでしょう。
とりあえず4枚目の強欲謙虚買ってきますd(^_^o)
2012-08-11(21:32) : 名無し

販促も確かにありそうです。
とはいえ、基本的にはラヴァルが結果を出していないのでかける必要がなかったのでしょう。

皿と開闢が同じラインに立つっておかしいですよねwwww皿はもう一度解除されることを願っています。

俺も剛健の4枚目買うかw


六武衆もまだまだいけるぜ!
2012-08-11(23:03) : moritta906

強さはあるけど対抗馬いないのが問題!
何か食えるデッキが来てからだろうね。それでも俺六武衆は好きだよ^¥^


ガジェは暗黒界との相性が悪いから単独トップなどと言うことはないと思うんですけどね。

あと魔界発現世行デスガイドってホントにこんな名前なんですか?

さすがにネーミングセンスがなさすぎる
2012-08-18(10:13) : トマボウ

逆に相性が悪いの暗黒だけなんですよ。
更に暗黒ミラーって相当不毛な戦いですからそれを嫌う人はとても多く、それにより数は一定以上増えないでしょう。

当たらなければ無双出来るガジェットはなんだかんだでトップに立つのではないでしょうか?


俺もプレイングを磨かないとなー
お互い頑張ろう
2012-08-13(08:57) : moritta906

頑張ろう!今度また遊戯王しよー!


神戸CSおめでとうございます。
2012-08-13(20:40) : あさり

ありがとうございます!
でもなんで俺がブログに神戸CS2位とかレポートとか書く前に知ってたの…?wツイッター民ですかね?w


おめでとうございます!
ついに、前から言ってた実力の証明ができましたね!
これからも頑張ってください
2012-08-16(22:59) : TAC

ありがとうございます!この勢いに乗りたいね!環境的にヒーロー使えなくなりそうですが!w


良かったですね
どや顔できて!
2012-08-17(18:18) : hiro

ドヤドヤッ!w
エントランスには乗ったし、次はパック開封キャスではなくゲーム機開封キャスをしたいですね!誰得だろうか?w

一言コメントワロタ
2012-08-17(22:08) : moritta906

おっぱいは正義だよ。でも伏字にしないと閲覧者へるかな。
おっぱ○いは正義だよ!!


お久しぶりです(^_^)/
つみんちゅさんチェーンバーン持ってるんですか ( ゚Д゚) 驚愕
2012-08-19(11:36) : ゆっくり仕事人

お久しぶり!
ううん、持ってないw

オフ会の主催者に「俺チェーンバーンもってオフ会潰してもいいですか^¥^」とか冗談で聞いてたときのネタw

流石にチェーンバーンとか言うオナ○ニーゲーデッキ誰も持たないよねー(チラッ


つかお
2012-08-19(22:31) : ちゃーんばーん

どうもこんにちわ神様^^
使いません!面白くないでしょ!!w


予想外にコメ返遅れましたwすいませんw
ヒロビ記事は絶対書きますwサイド大分変ったから最初から記事書き直す勢いでもいいかな…。エントランス載ったしwエントランス載ったしwwエントランス載ったし!

あと環境ですが、俺こんな感じで今予想してます。

A ガジェット
B+ マーメイル カラクリ
B 暗黒界

その他一定の数がいそうなデッキ
六武、ヒロビ、代行、ドラグ。

次は優勝報告出来るように頑張ってきますね!

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

神戸CS2位! ドライブヒーローデッキレシピ

card1002103_1_convert_20120208235745.jpgモンスター(11枚)
フォトン・スラッシャー
カードカー・D×3枚
エフェクト・ヴェーラー×3枚
E・HERO エアーマン
E・HERO アナザー・ネオス×3枚

魔法(21枚)
超融合×3枚
大嵐
増援
死者蘇生
強欲で謙虚な壺×3枚
ミラクル・フュージョン×3枚
デュアルスパーク×3枚
サイクロン×3枚
E-エマージェンシーコール×3枚

罠(8枚)
神の宣告
神の警告×2枚
激流葬×2枚
ヒーロー・ブラスト×3枚

エクストラデッキ
E・HERO Great TORNADO
E・HERO The シャイニング×2枚
E・HERO アブソルートZero
E・HERO エスクリダオ×2枚
E・HERO ガイア×2枚
E・HERO ノヴァマスター
H-C エクスカリバー
イビリチュア・メロウガイスト
インヴェルズ・ローチ
ジェムナイト・パール
機甲忍者ブレード・ハート
交響魔人マエストローク

サイドデッキ
D.D.クロウ
オーバースペック
しっぺ返し
スキルドレイン×3枚
次元幽閉×3枚
昇天の黒角笛(ブラックホーン)
聖なるバリア-ミラーフォース-
転生の予言
奈落の落とし穴×2枚
冥府の使者ゴーズ


六甲道CS神戸CS打ち止めオフで使った構築です。
アレですね…六甲道1-3したのにも関わらずそのままの構築でチーム戦の神戸CS出るって正気の沙汰じゃないですねw

チームに貢献し、結果を出せたからよかったものの、負けたらどうする気だったんでしょうかw

あとオーバースペックは必要なかったです。
六甲道+神戸で4回虫に当たったのに一度も引かなくて、打ち止めオフで初めてギガマンに使えないことを知りました。

元々ギガマン装備されたモンスターを意識して採用した一枚ですので、その仕事が出来ないなら入れる意味なかったです。大成仏の意味がようやく分かりました…。

あとドライブヒーローって何?って思われるかもですが、単にカーDが車だからです。
カーDヒーローって言うより数倍カッコいいんでwまぁドライブせず即で廃車になる車ですがねw


まぁ、あと一つだけ言わせて頂きます。



どやああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!

やっと勝てたんで!チーム2位だったけど、俺決勝勝ったからドヤ顔していいと思うのです!(お前個人だったら二回戦負けでプークスクスだろとか言う声は知らない!w)

にしてもチームって久々にやりましたが超楽しいですね!負けてもチームに勝ち拾ってもらったときホントに申し訳ないけど有り難くなります!次頑張ろう!って思えますね!個人より数倍楽しい!

その分チーム1対1でチームの勝敗任されるとプレッシャー半端ないですがねw


あと↓は神戸CS賞品です。
120814_2118+01_convert_20120816195201_convert_20120816195328.jpg
デュエリストエディション3&4を二箱づつです。

狙いはヒロビ使いとしては見逃せないデュアルスパークのスーパーレア一択ですが果たして…?
120816_1947+01_convert_20120816195136.jpg
ざまああああああああwwwwwwwwwwという声が聞こえてきそうです><

ゾンビキャリアURとジャンクシク以外あんま嬉しくねーな…。
デュアルスパーク欲しかった……。

ちなみにコレツイキャスで開封キャスやったのですが、ラストSRが分かっている状況で、デュアルスパークひたすら願っていて、めくれたのが魔法カード!来た!ってなった瞬間見えたのが『強欲なウツボ』でした。

皆さんのメシウマキャスとなりましたホントにありがとうございます。

あと俺のツイキャスはリアルにフォロワーが増えるツイキャスです。
見てる人からフォロワー増えました!ありがとうございます!ってリアルにお礼が来ました。更に好きな人と結ばれることが出来ましたとか宝くじ当たりましたとか来ました。ごめんなさい嘘です。

でもフォロワーはマジです。よければみなさん見に来てください^^
総閲覧数は138人でしたwこんなに来たの初めてw


後は神戸CSを共に戦ってくれたチームメンバーの紹介でも。

@kokuyokugetter
暗黒界で今期を走りぬいたプレイヤーです。
9月制限の来期は暗黒界は相当なチャンスになるはずであり、ゲッターさん自身も暗黒界を使い続けると思いますのでこれからに期待の持てる暗黒界情報ををガンガン情報発信して行ってくれること間違いなしです。

ゲッターさんから一言コメント:おっぱい

@decade_1610
元小学生部門のデュエルマスターズ準優勝という成績を達成した人です。
遊戯王じゃねぇなら何の関係があんの?と思われるかもしれませんが、要はカードゲームを知ってる人です。

遊戯王自体は始めてまだ日が浅いそうですが、六甲道で5-1神戸CSで4-1の2位(六甲道も運営がアレじゃなきゃ実質ベスト8)と早くも才能を開花させています。

DM全国プレイヤーから発信される独自の視点はフォローしたプレイヤーにとってとても参考になることでしょう。

ろっとさんから一言コメント:おっぱい


二人ともブログで宣伝したのにフォローされなかったらごめんね!って呟こうとしたけど、一言コメント募集したのに対しておっぱいってコメ返すキチガイだったらフォローされなくても仕方ないよねw

まぁよければフォローしてあげてください(^^)

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

打ち止めオフレポート

灰原さんとこのオフ会に誘われて参加してきました!


使用デッキ ドライブヒーロー


対戦相手 スキドレバレー ○○

一本目
激流1伏せをすると、相手サイク発動後バルバ召喚ダイレクトされた後2伏せエンド。

コチラアナザー召喚パンチ時スキドレ食らったのでチェーンデュアスパでバルバ破壊。3伏せエンド。
相手ターンネクロバレー発動してきたのでチェーンヒロブラで回収後sinサイエンに宣告。

その後蘇生発動からバルバ蘇生でアナザー召喚してダブルアタック。返しsinスタダでアナザー戦闘破壊されるも、こちらのターンエアー召喚効果チェーン超融合でスキドレ避けながらエスクリ。ダブルアタック勝ち。

二本目
先行相手のターン出てきたバルバに幽閉、脱出で回避されてもう一度バルバ召喚される。

エアー召喚効果チェーン超融合でガイア召喚しながらエアー効果でアナザー手札に入れてパンチ。その後相手ターンに回り、相手カーDしてノーガードで手札増やしてエンドしたので、アナザー召喚バルバを死者蘇生して超融合も握って一気にLPを0まで仕留める。勝ち。

反省
一本目もしかしてネクロバレー発動してたのに蘇生しちゃった!?って試合終了後メモしてた時に思って相手に謝ってたけど、家に帰ってじっくり思い返してみると、サイクとか持ってたんじゃないかなぁ…

持ってないと辻褄が合わないんですよね…ネクロバレー発動時で既にヒロブラヒロブラミラクルと大量に手札腐るんだから、宣告あるならやってるはずだし、やってないってことはサイク持ってたと思う…。
ネクロバレー時小考してスルーしたはずだし…。

でも自分が信じたくないだけって可能性もある…wどちらにせよ、とりあえずごめんなさい。

後プレミは相手のバルバパンチ時、剛健でスキドレ加えたの見えてたんだからスキドレ発動させてから幽閉するべきだった。そこミスったね。


対戦相手 墓守 ××

一本目
相手サンダーバード剛健。
2450まで自分のLPが減らされたところで、サイクでネクロバレーを割って自分のアナザーを死者蘇生。蘇生成功時激流葬で勝負に出る。

デュアルスパークを持ってたので相手のサンダーバードが激流にチェーンして効果で逃げようとすれば仕留められたものの、相手が発動したのは神の宣告。

仕方がないのでミラクル発動。サンバ効果発動しろ…!と願うも、無情にも相手が発動したのは神の警告。サンダーバードビートで死まで。

二本目
カードカーDを2回にわたって使い、膨大なアドバンテージ差を作って攻勢に出ていくも相手大嵐。コチラ神の宣告を発動するも七つ道具で俺の5伏せと相手の3伏せが吹っ飛ぶ。

次いでネクロバレー発動sinスタダ召喚3伏せ。詰み。

反省
プレミはなかった。
二本目サイクミラクル×2握ってたからスタダ以外ならワンチャンあったんだけどな…身内強かったです。


対戦相手 甲虫装機 ×○×

一本目
相手先行ダンセルギガマンホーネット。
ヴェーラーでしのいでコチラのターン3伏せエンド。

相手のホーネットがサイクに当てられたのでチェーン発動で相手の伏せを破壊し、ダンセル効果センチ特殊に激流葬すると相手サイクからホーネットギガマン装備。24ビートで負け。

二本目
順当に相手のモンスターを除去していく展開。
途中のグルフギガマン装備にオーバースペックを当てると、ギガマンは攻撃力を上げるのではなく2400打点を元々の攻撃力にするからオーバースペック出来ないと言われ、大成仏の意味がようやく分かった致命的なミスをするも、ジェムナイトパールを立てて相手のギガマン装備を封じて相手センチグルフ装備にオーバースペックを使うことに成功する。

アタッカーに更にアナザーを追加し、ビートダウンを仕掛けると次のターン相手ダンセル召喚してくる。

防御札は超融合のみで相手剛健でリビング手札に入れてるので相手の伏せはほぼ確実にリビングデッドの呼び声。相手墓地はセンチ3枚グルフ2枚ギガマン1枚で相手の手札残り1枚にホーネが無ければコチラの手札のミラクルアナザーでLPを仕留められたものの、相手が装備したのは手札のホーネット。

超融合でダンセルを融合し、リビングダンセルホーネットで場を壊滅されるも相手が出したエクシーズはリバイスドラゴン。

返しミラクルでガイア+アナザー召喚でLPを0まで削りきる!
ゼンマインだったら死んでたかもですね。

三本目
相手ダンセルグルフスタート。
ティラスされたので超融合でティラスを食った後シャイニングパンチ後3伏せエンド。

エンド時リビデダンセルされたので相手のスタンバイにヒロブラを打つとDDクロウ。超融合でダンセルを吸収してエスクリ召喚し、相手の蘇生には神の宣告を合わせると相手センチギガマンホーネット。詰み

反省
相手引き厨でした。その引きを見習っていきたい。


対戦相手 ヒーロービート ○○

一本目
剛健カーDを1枚ずつ使って尚ヒーロー1枚も引けないクズみたいな引きをしていてきっつい立ち上がりになるも相手エアーアナザー場にそろえてエンドしてきたのでしばらく考える。

相手剛健で警告持ってきていたのでとりあえず相手のLP減らしたいとフォトスラ召喚。デュアスパをフォトスラに打たれたので即座に超融合で相手のデュアスパを不発にさせる。

相手のトップミラクル2連打も警告&神で防いでシャイニングビートダウンで勝利!!

二本目
場にカードを置いてデュアスパでアドを取られないように場を作りながらカーD二連発を放ってアドバンテージの面で大きく相手を引き離す。

暫くこう着状態が起こり、準備が整ってからアナザー召喚するとトラゴエディア。
カードを伏せてエンドするとエアー召喚から超融合でトラゴとダブルパンチをしてきて残りLP3000まで減らされる。

その後2伏せしてきたので相手のトラゴの攻撃力が1200までダウン。アナザー召喚からデュアスパ盾にアタックするとまたもや超融合。

エスクリ召喚され、LP的に危ないのでメイン2ミラクルシャイニングで凌ごうと相手の残り1枚の伏せにサイクすると転生の予言で墓地のヒーロー2枚を戻されてミラクルが打てなくなる。

増援フォトスラ召喚後2伏せエンドして相手のシャイニングの攻撃に幽閉。エスクリに戦闘破壊されるもLPは持ちこたえる。

コチラのターンエマージェンシーコールを握っていたのでアナザーデュアスパしてからミラクルするか迷うも、相手の手札にクロウがあれば詰みなのでエアー召喚効果アナザー後ミラクルシャイニングでエスクリを戦闘破壊。

相手のリソースはほぼなく、シャイニングでパンチを続けて残りシャイニング一発殴れば勝ちまで追い詰めたところでトップで引いたであろうミラクルフュージョンを放ってくる。

ドヤ顔でめくるしっぺ返し!!勝ち!!

反省
ない。一本目はクズ手札で落としていた可能性すらあったものの、相手のプレイで一本拾えました。助かった…。


打ち止めオフ楽しかったです!灰原さんまたやってね!ありがとう!!
総合的な反省としては、デッキ選択間違えたかも程度でしょうか。プレミもクソもなく落とした二本はなんか…凄く空しかったですw

おとなしくチェーンバーン使うべきでした。失敗失敗☆てへぺろ(・ω<)

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

神戸CSレポート

六甲道予選を4-0で突破したゲッターさん&ろっとさんに組んでもらいました。

先鋒 ろっとさん 次元スキドレ
中堅 ゲッターさん 暗黒界
大将 つみんちゅ ドライブヒーロー


対戦相手 バブルヒーロー 個人○×○チーム○○○

一本目
殆ど忘れたけど、大量の攻めるカード用いて一気にカタを付けに行ったはず。手札かなり強かった気がする

二本目
相手のエアーマンに対して超融合を放ってライフ残り5200。
相手1伏せで返してきて、激流葬超融合ケアが出来て、相手の伏せが攻撃反応系ならキル可能なハンドだったのでエアー召喚破壊効果を選択すると脱出でトルネード戻される。

その後サンダーバード+罠の布陣を作られ、無理矢理のミラクルも罠で防がれ死亡。

三本目ED
ジャンケンで先行を取られ、2伏せモンセットエンドされる。
召喚が通らないとライフが致命的になるので大嵐を放ってアナザー召喚パンチしに行く。結果ゼピュロスが落ちる。

その後相手未来融合発動して再びモンセット+1伏せ。
エアー召喚破壊効果に脱出されたので伏せから激流葬発動後増援フォトスラパンチで勝ち。


対戦相手 甲虫装機 個人××チーム○○×

一本目
相手ノーガードエンド。
ゴーズ警戒して最低限の伏せを敷きながらエンドすると、相手サイク打った後そのままエンド。

それが数ターン続き、余りに動かないので相手聖刻じゃないかと考え、警告でゴーズトラゴケアできる布陣組みながらパンチに向かう。その後伏せをすべて追加。

相手に大嵐を食らった後ダンセル召喚。虫かよ。
ヴェーラーで止めるも解決札引けず、次のターンアナザーアタックには幽閉。

相手のダンセルをヴェーラーで止めるとギガマン2枚。投了。

二本目
コチラアナザー4伏せすると、向こうサイクでヒロブラ割ってカーガン召喚。スキドレと悩んで警告を発動。
相手エンドしてきたのでこちらパンチして終了。

相手ダンセル召喚効果装備にスキドレ、清掃チェーンヴェーラー。
エクシーズアシッドに宣告放つと相手も宣告。突破できず投了。

反省
余り覚えていなく、ライフと照らし合わせて書いてるのでもしかしたら間違っている可能性も…。たぶんこれで会ってると思うけど、間違ってたらゴメン。後一本目嵐打たれた後どっかでホーネかグルフ召喚されてるね…あれぇ?w

一本目は聖刻判断間違ってたかなぁ…う~ん。
あとギガマン装備時ライフ4900あったのにそこでサレしました。切られたと思ったwクズですね、はい。
相手サイク持ってたらしいけど、それでもそのプレミはマズイねw反省


対戦相手 忍者カオスドラゴン 個人○×○チーム○×○

一本目
ひたすらライフをごり押して攻めるも、相手ライフ1900のところでレダメパルサーの布陣を作られる。
これを突破するすべは手札にはなく何を引いたら勝てるのかも分からないまま絶望的な気持ちでドローすると…カーD。

暫く考え、カーD召喚からミラクルガイアで2200貫通ダイレクトで削りきる。
劣勢時カーDトップして嬉しかったのは初めてだわw

二本目
初手からミラクル3枚とクソ重いハンドだったものの、ひたすら攻め続けてライフをごり押していく。

相手ライフ3500でアナザーミラクル発動でミラフォ激流ケアしてキルに向かうと超融合。マジか…と思いながら次のターン攻撃を受け、ミラクルを放とうとして気付く。

シャイニングがエクストラにない…しかもエアー除外したのでトルネード出せない…死にましたw

三本目
カーD二連発放って潤沢な手札でこのままいけばかなり有利と思っていた矢先の相手ターンET。相手ライフとの差はマイナス2900。
相手伏せ2で返してきて、場にはアナザーデュアスパ超融合セット。相手の超融合無視してぶっぱするかサイクデュアスパで伏せを割って確実に2キル狙うか考えて、2キルを選択。

サイクデュアスパで割ってエアー召喚パンチ。伏せてエンドすると相手半蔵召喚効果で超変化を持ってきて蘇生対象ブレイカーで引きこもって1伏せエンド。

こちらのスタンバイ超変化を超融合。アナザー召喚してパンチで無事2キル勝ち。

反省
シャイニングについてはバカとしか言いようがない。
カオスドラゴンに超融合入ってると思わなかったから全く警戒してなかったw破壊ならシャイニング効果発動するし~とか思ってたw反省。

後ET時長考しすぎたw謝り倒すレベルw
相手の半蔵ブレイカー1伏せとか99%超変化なのにもかかわらず、超変化をすっかり忘れて超融合激流警戒してエンド時ずっと考えてたw

相手の「そんなに考えることなくないですか?」って話に「いや、めっちゃ考えることあります(キリッ」って言っちゃったしw相手のスタンバイ超変化で思わず「あぁっ!」って声あげちゃったしwバカw

何が「めっちゃ考えることあります(キリッ」だよ。勝ったけど恥ずかしすぎて軽く死にたかったw


対戦相手 マーメイル 個人○×○チーム○×○

一本目
マーメイルとか全くと言っていいほどやっていなかったのでさっぱり分からず、でも効果だけ見て召喚通したらアド取られることは知ってたのでひたすら警告やサイクでアビスフィアー等を止めまくる。

無理矢理ごり押して勝ち。

二本目
途中までは止めていたけど、こちらの召喚無効切れて伏せが奈落幽閉幽閉で相手一枚のマーメイル特殊召喚が通ってからアホみたいに回り始め、同じぐらいだったアドバンテージが4アドぐらい離される。

当然のように返せず負け。

三本目
1伏せがあったが、激流葬の可能性を無視して展開して、相手のリクル効果持ったマーメイルを警告で止めてエアーパンチ後相手ターンでET。

こちら6000相手6200で相手ディーヴァ召喚効果重装兵効果ディーヴァ効果狙撃兵と持ってくる。
どこで超融合放つか考えていて、その4体が並んだ時点でブラックローズの可能性があったので狙撃相手に超融合。相手ガチガチガンテツで引きこもってくる。

こちら手札蘇生超融合ミラクルでかなり長考した後蘇生エアーから破壊効果使用後アブソとガンテツ超融合でガイア召喚してアナザーエアーでブレハ作ってライフ削り切るプランをようやく頭の中で立てて、蘇生エアー宣言したところ警告。マジかい。

超融合セットエンドで相手ターンに回って相手少し考えた後サレンダー。

反省
サイチェン間違えた。幽閉奈落いらない。
プレミではないけどね…初見殺しで1本落とした。

あとホントET後の長考すいません…チーム戦でしかも1対1だから責任重大でプレッシャーきつかったんです。ホントごめんなさい。


対戦相手 甲虫装機 個人○×○チーム××○

一本目&二本目
覚えてねぇ…w三本目の記憶が強すぎるわw
ごめんなさい。

三本目
初手エアーアナザーアナザーエマーサイクスキドレ。悶絶する手札。

アナザー二伏せエンドすると、相手モンセット二伏せ。
自分のターンドロー後しばらく考え、超融合だったらどのみち死亡で激流なら相手恐らくギガマン型だからアドバンテージ差は同じと考えエアー召喚効果破壊効果宣言。

チェーンサイクでサイク対象にされたのでサイクはなって宣告破壊。

その後エクシーズジェムナイトパール後スキドレ発動でスノーマンを戦闘破壊。

次いで相手もう一度2伏せモンセットするが、構わずアナザー召喚から追撃、猛攻を仕掛ける。

相手ターンになって剛健で大嵐を手札に入れられ呆然となるが、そのままエンドしてきたので攻撃してライフを削りきる。
相手の手札はダンセルで、1ターン足りなかった模様。


結果
個人4-1チーム4-1で結果は2位

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

六甲道CSレポート

使用デッキ ヒーロービート


対戦相手 甲虫装機 ×○×

一本目
デュアスパヒロブラエマコが揃う良手札かと思いきや、その後のドローでモンスターを引き続けて調子を落としていく。
ヴェーラーを握っていたので途中でエマージェンシー単騎セットでサイクを誘い出すも、相手そのまま虫を召喚してきたのでサイクないと分かる。

その後カーDするかミラクルを超融合盾にして攻めていくプランかがあり、考えてカーDの方を選択。除去引けず、ミラクルでごり押すも除去切れ死亡。

二本目
順当に除去を当てて攻め続ける。
相手にデュアスパを当てたところに対して温存していた神の宣告を発動で相手サレ。

三本目
デュアスパヒロブラアナザーでまたもや良手札かと思いきや、相手3分の一でヒロブラにサイクを当ててカーガン召喚されプランがズタズタ。
それを巻き返せずズルズルと引き離されて負け。

反省
一本目は相手の手札にサイク嵐ないって分かってんだからミラクル超融合で2キルを目指すべきだった。
そうすれば相手の残り600ライフもカーDダイレクトで倒せたし、流石にこれはデカい。

安易なカーDはダメだね。


対戦相手 スキドレギアバレー ×○×

一本目
順当に除去をしていくものの、ネクロバレーを忘れてヒロブラ表にしてしまう。仕切りなおしてサイクから発動すると、相手「ヒロブラあるんなら…」とサイクに神。

最終的に超融合ミラクル×2ヒロブラ×2抱えたまま死亡。

二本目
除去を当てていくだけの簡単なお仕事。
途中でミラクルからシャイニング32打点。司令官の戦闘ダメージ&二回攻撃でライフぴったりボーナス。勝ち

三本目
相手4伏せにこちらアナザー召喚からパンチすると通ったので5伏せで対抗。
ナイトショットで幽閉を割られた後、相手ギアタウンからsinサイエン。パンチを幽閉すると賄賂。クイックエフェクト時にデュアスパ発動→賄賂で考えたものの、サイエン処理手段ないので神。

エンドされたのでこちら剛健からエアー手札に入れてサイク×2で相手のバック割った後エアーダイレクト適用させる。
ミラフォを盾にエンドすると、ミラフォを乗り越えるギアタウンからのガジェルの姿…。そのままボカスカ殴られて、死ぬかと思いきや何故か相手ライオウ召喚し、ライオウからパンチ。すかさずミラフォで全滅させる。

ネクロバレーからsinスタダが出てきてライフ300になりながらもゴーズ。1伏せエンドしてきたので大嵐からダブルアタックしてエンドすると相手ガジェル。詰み

反省
一本目ええええええええ!!!!!!!
あれが無ければ取れてたまである。ネクロバレーで封殺されなければ手札鬼強かったのに…。

三本目もバカ。
せっかく相手が致命的なミスを犯してチャンスを貰ったのに、それを不意にしてどうする。

最後の手札超融合蘇生嵐で相手場1伏せネクロバレーsinスタダなんだから、カイエン守備でゴーズのみパンチメイン2嵐から蘇生エアーアナザー超融合セットやろが…何やってんだバカ。俺のことだけど。


対戦相手 ドラグニティ ○××

一本目
アナザー二伏せエンドすると相手龍の渓谷からアキュファランクス落としてレギオン召喚。そこにはヴェーラーを放つと、ノーガードで帰ってきたのでエクスカリバーミラクル超融合押し付けて勝ち。

二本目
スキドレで完封試合を続けるも、相手のたった一体のミスティルが全く倒せず死亡。

三本目
二本目と同じ。ミスティルに神打ったら神されたことぐらいしか違いはない。あとはひたすらミスティルゲー。

反省
サイチェン間違えた。
ヴェーラークロウを筆頭として、場に直接アドバンテージとして換算しないカードを入れ過ぎたせいで死んだ。

そこを間違えてなかったらワンチャンスあっただろうけど、ドラグって殆どやらないしなぁ…これに関しては前向きに直していくように捉えるだけで十分だと思う。

にしても…それら抜いてもデュアスパミラクル超融合の9枚のうち一枚さえあれば勝ちゲーだったのになぁ…そんなにひかないのかよ。


対戦相手 甲虫装機 ×○○

一本目
相手の虫を警告×2で潰しながらアナザービート。
途中で自分の防御札が激流ヒロブラになったため、相手の伏せ排除してからエアー召喚してエクシーズマエストロークで防御を最低限のリスクで機能させていく方向を立てる。

相手のダンセルに激流打つと…清掃。そのままギガマンホーネで死亡。

二本目
忘れた。相手が神を打ったことと、超融合でエスクリ出されたのを超融合で返したことと、ラストダンセル反転+手札からダンセル召喚+死者蘇生のコンボをヒロブラヒロブラ神で止めて勝ったことしか覚えてない。

三本目
順当にアナザービート。デュアスパでリリースした途中からはエアービート
そして相手のダンセルギガマン装備でターンが回ってきたところでミラクルからガイア+アナザーで一気に残りライフ削って勝ち。

反省
特になし。ようやくプレミしない遊戯王が出来ました。クソ。


感想
デッキは弱くない。むしろプレミしてなかったら普通に決勝トーナメント行けてる。弱いのは使い手、つまり俺。
個人ならいいけど、明日の神戸CSチーム戦はお荷物にならないよう頑張りたいです。切実に。

チームの相方さん二人両方4-0で決勝トーナメント行ったからね…チームに貢献できるよう遊戯王の数重ねてきます。

以上!!!!

新禁止制限情報+新環境予想

0
ブリュ、未来融合

1
ダンセル、ホーネット、ガスクラ、皿、スポーア、ゼンマイティ、レダメ、月読命、血の代償

2
ミラフォ、名推理、アライブ、召集の聖刻印、強謙、E、レスキューラビット、カルート、デブリ、代行者アース、魔界発現世行きデスガイド

3
ネクガ、マシュマロン、緊テレ、Dドロー、光の護封剣、B地区、魔法の筒


上からそれぞれ禁止、制限、準、無制限です。
3月の禁止制限リークした信頼ある人なんでそれなりに信じていいと思います。

俺☆歓喜!!!!
ヒーローがアライブを除いてほぼ無傷なのはデカいですね!!

ヒーロー規制されたら俺のブログ名の「ヒロビ大好きつみんちゅの遊戯王ブログ」がもう少しでコナミを皮肉った「遊戯王は衰退しました」になるところだったよ!コナミグッジョブ!!


これだけだと他のブログとおんなじでつまんないので新環境予想でも。


トップ ガジェット
次点 カラクリ 暗黒界
中堅 ヴェルズラギア、(カオスドラゴン)、インフェルニティ ラヴァル
地雷 代行天使 魔導書


ヒロビ?来ないよ?
カラクリが微有利程度で他全部5分から不利だもん。今の環境でヒロビ使ってんのが既に賢くないのに虫消えたら本格的にアウトっしょwwwww

まぁ使えるか使えないのかはデカいのです。俺はヒーローの道を探り続けるよw

ラヴァル書くの忘れてた。
後カオスドラゴンはレダメソーサラー制限がどこまで響くか分からんので()付けました。

制限かからなかったら次点行く力あると思うんだけどね…闇かかったのもつらいw

あとまぁ一応予想です。外れてもあしからず…

調整結果とこんなときどうすればいい?対ガジェプレイ

今日ゲッターさんが三ノ宮に行くということを呟いていたので一緒に行くー!って乗っていきました。

8マッチガッツリやりこんで結果は5-3。余りよろしくないですね。
内訳は六武1-0、虫2-0、暗黒界1-1、ガジェット1-2。

暗黒界とガジェの一戦落としたのは両方マッチを通してクソみたいなぶんぶんされたからなのでいいですが、最後のガジェの一戦でプレミ…?と考えている状況があるので皆さんのプレイングをお聞きしたいです。



相手 場 マエストローク召喚時 墓地 ブリキンギョと数体のガジェット。

自分 場 アナザーネオス 脱出警告神 墓地はアナザー1体で除外ゾーンにエアーとアナザー。他ヒーローは無し。

この場合皆さんはどの伏せカードを発動しますか?


これを何らかのカードでしのいだ次のターン

相手 場 ミラーフォース以外ナシ。アナザーアタックでミラフォを発動された状態。

自分 手札ミラクル1枚 場アナザー&(脱出警告神)1発動した罠は既に墓地に存在していること。墓地にアナザーは1枚で、除外ゾーンにエアーアナザー。

この状態でアナザーは素直にミラフォの前に倒れますか?それとも何らかの手を打ちますか?


ちなみに自分は1でバトルフェイズに入ってから脱出をマエストロークに打って、自分のターンにアナザーパンチミラフォ食らって素直に死んでからメイン2ミラクルを打ちました。マエストロークに対して警告ではなく脱出の理由としては、マシンナーズをケアしたかったというのがあります。

その後相手の強制転移に神、数ターン殴っていると脱出を引かれてエクストラに戻され、モンスター枯渇状態でパンチされたまま死にました。


その時はプレミかな~って考えたのですが、よくよく考えるとホントにプレミなのか…?と思えてきたので答えてほしいです。よろしくお願いします。


後負けが確定した瞬間思わず台パンしてごめんなさいw
何気にラスト一戦で6-2か5-3かが、かかっていたので割とすげぇ悔しかったんですw

「もうちょいクールな感じの人かと思ってた」とかみんなから言われましたwすいませんw
でも俺結構好きなものに対しては熱いひとじゃないかな~って自分で思うの(・・;)クールって初めて言われたw


大会レポ?書かないよ?みんなもうそろそろ次の環境デッキに着手するだろうから需要ないだろうし、そもそもあんま覚えてないし。
ヒロビ解説?もうちょい待っててください。以外と書いてほしいデッキの要望が多かった…。

4年間の集大成!!ヒーロービート解説其の壱 カード解説

サイドチェンジを教えてほしいという要望があったので記事にしようと思ったのですが、サイドチェンジだけで纏めるというのがどうしてもできそうになかったのでメインからまとめて解説することにしました。

デッキレシピ 神戸CS使用デッキcard1002103_1_convert_20120208235745.jpg

▼モンスター
《E・HERO エアーマン》1
《E・HERO アナザー・ネオス》3
《E-エマージェンシーコール》3
《増援》1


基本枠ですね。
ヒーローを使っている人でここを疑う人はほとんどいないと思います。

《E-エマージェンシーコール》の数に対しては《カードカー・D》型ですので若干モンスターが手札に来過ぎると感じることもあるかもしれませんが、そもそも今のヒーロービートはヒーローが引けないと99%負けますので、フルに入れていいと思います。


《カードカー・D》3
お強いです。
今入っているヒーローは《増援》《E-エマージェンシーコール》も含めると8枚程ありましたが、それでもヒーローを引けない試合はあり、そうなったときの絶望感は半端ないです。

そういった事故を防げるという意味の《カードカー・D》であり、更に《デュアルスパーク》《ミラクル・フュージョン》《ヒーロー・ブラスト》等のパワーカードを集めたり、《超融合》のコストを賄うといったことも出来ます。

また、現環境は甲虫装機とヒーローが数の割合で大きく占めていますので、それ等に対して緻密なアドゲーで有利に立てる《カードカー・D》は強く、それらを意識するなら3枚は必要だと考えました。


《エフェクト・ヴェーラー》3
現在は甲虫装機よりもヒーローの方が数の割合で高くなることもあり(特に関西であればビートダウンが環境を占めることもそれなりにあるよう。実際神戸CSでは見て回っていたところヒーローとガジェが多いように感じた。)《エフェクト・ヴェーラー》は必ずしも3必須というわけではなくなってきているとは思います。

ただ、それを考えてもなお甲虫装機相手に握れるかどうかは死活問題であり、尚且つ他のいろんなデッキに対しても1枚程度なら打ちどころがあり、いらないなら超融合などで捨てられるという面を考えて3枚の採用です。


《フォトン・スラッシャー》1
この枠は割と色々試行錯誤しました。
《冥府の使者ゴーズ》にJDCで採用を見かけた《ヴェルズ・サンダーバード》。《カードカー・D》を減らして《E・HERO バブルマン》等も試してみたり。

Photon-Eko_convert_20120806190824.jpg
ですが、《冥府の使者ゴーズ》は相手のデッキによって強さが変わるムラを抱えていたり、《E・HERO バブルマン》もやはり手札次第というムラがあって上手く活用できなかったり、《ヴェルズ・サンダーバード》は単体でそれなりに仕事をしたものの、シナジーの無さやヒーロー以外に通常召喚権を使用するという点が気にかかったり。

そういった仮定を経て《フォトン・スラッシャー》も試してみました。

正直、自分はこのカードは活躍できたのは《E・HERO バブルマン》があったからで、《カードカー・D》型だと精々《H-C エクスカリバー》を出せる程度で全く強くないだろうと思いながら採用してみたのですが、いい意味で裏切られました。


《カードカー・D》型ヒーローは特に通常召喚権にかなりのウェイトを傾けていて、召喚権を消費して出したモンスターが除去されると、そのままエンドすることが多々あり相手もそれを分かっていて除去を放つので、そこに《フォトン・スラッシャー》という後続を差し込めるのは思いのほかかなり強い部分がありました。

《カードカー・D》や《E・HERO アナザー・ネオス》が警告等の除去をされた後に後続の《フォトン・スラッシャー》を出してビートダウン系相手に戦闘で1アドを取っていけるという動きはそれだけでこちらに優位をもたらしますし、特殊召喚から即座にエクシーズに繋げたり戦士族なので《増援》に対応していたりという動きの幅広さも評価を上げました。

特に増援とシナジーしている面は大きく、《フォトン・スラッシャー》を採用する以前は何度かヒーローを引きすぎてサーチカードが腐ったという場面も見られましたが、《フォトン・スラッシャー》を採用してからはそういった場面がなくなりました。

確かに《E・HERO バブルマン》があればより幅広く動けるのに…という点もあるにはありましたが、なくてもそれなりの動きは出来ますし、動きに幅をもたらすという意味で1枚程度なら採用できると思います。

地味にスキドレとシナジーしてる点もプラスですね。


A4547_Z1_convert_20120806191610.jpg
▼サポートカード
《デュアルスパーク》3
《ヒーロー・ブラスト》3
《ミラクル・フュージョン》3
《超融合》3


《デュアルスパーク》で相手のモンスターを除去した後墓地に行った《E・HERO アナザー・ネオス》を《ヒーロー・ブラスト》で回収する動きは大嵐ですらアドバンテージで損失を負わないコンボであり、何らリスクを負わずアドバンテージを取れるというアホみたいな動きで、そのフリーチェーン除去の多さが対甲虫装機戦を有利つけています。

そうやってアドバンテージを得ながら後続の《超融合》《ミラクル・フュージョン》が相手に対して大型を繰り出す切り札カードとなり、これらがすべて噛み合った場合ビートダウン系統には稀有なほどにライフゲインスピードが速く、相手に何らかの対策を引き込ませる前にゲームを決める力を持ちます。

よって、全てフル積みの採用です。
この3種12枚がヒーロービートを使う上での最大の利点であり、これらを何枚握れるかによってゲームをどれだけ優位に持って行けるかが変わってきます。

これら12枚のパワーカードは《カードカー・D》型ヒーロービートである場合すべてフル積みするべきだと考えています。(バブルマン型であれば超融合の枚数だけは少し変わってきますが…。)


《強欲で謙虚な壺》3
《カードカー・D》と同じく、上記のヒーローやヒーローサポートを引きたいということがあるので3積み。
《強欲で謙虚な壺》がかみ合わせ要素のあるヒーロービートの安定性を大きく引き上げていますね。

また、《強欲で謙虚な壺》は《カードカー・D》を引き込むことも出来ます。
こうすれば情報アドや特殊召喚できないなどのお互いのデメリットを帳消しにしながら1アドバンテージを得られるのでそれだけで強い動きになり得ます。

逆に《カードカー・D》で《強欲で謙虚な壺》を引き込んでもヒーロービートであればしんどい思いをすることは少ないですし、安定の3採用です。ここは《強欲で謙虚な壺》自体が規制にかからない限り3枚確定枠だと考えています。

1427_convert_20120806191821.jpg

《サイクロン》3
ヒーロービートは本来サイクロンの必要性が感じられないデッキです。
それは、そもそも永続による弱点が無く且つ《デュアルスパーク》による万能破壊カードが存在し、更に他のデッキと比べて攻めの力が非常に弱いからです。

ですが、今回の環境は甲虫装機の《リビングデッドの呼び声》ラビット系列の《マクロコスモス》ガジェットの《血の代償》等数々の打ちどころが存在しています。

故に《サイクロン》は今の環境では強く、常に握っておきたい一枚だと判断しての3枚投入です。


罠8枚
罠はどんなデッキにも最低限扱うことのできる汎用性のあるカードのみを採用しました。
今の環境はいろんなデッキが存在する環境です。ですから、どんなデッキにもきちんと打てるというのは最低限大切なことであり、その最低限をクリアできるカードのみ投入を図りました。それ以外のカードは汎用性のある除去が大量に存在しているヒーロービートでは恐らく必要ないと思います。


▼エクストラデッキimg_739323_27960351_2_convert_20120806192332.jpg
《E・HERO The シャイニング》2
《E・HERO ガイア》2
《E・HERO エスクリダオ》2
《E・HERO アブソルートZero》1
《E・HERO ノヴァマスター》1
《E・HERO Great TORNADO》1


融合ヒーローの数については、単純に《超融合》で吸収する仮想敵がいるかどうかで枚数を決めています。
《E・HERO The シャイニング》は聖刻やカオスドラゴン等+自分の《E・HERO アナザー・ネオス》を《ミラクル・フュージョン》に活用したり。

《E・HERO ガイア》はガジェットと《カードカー・D》を融合素材とした場合、《E・HERO エスクリダオ》は甲虫装機を仮想敵とした際に2枚使う可能性があるので投入しています。

なので、それ以外のカードは基本的に一枚出せれば十分なカードだということですね。


《H-C エクスカリバー》
相手の26打点を超える強力なモンスター相手を打ち破るために使います。相手のライフが4000を切っている際はゴーズケアにつかったり、素材を2枚落とせるので《ミラクル・フュージョン》と共に瞬間的な打点を序盤から生成することも。ここに超融合があればキルですし。


《機甲忍者ブレード・ハート》
ヒーロービートの基本打点は《E・HERO エアーマン》の1800、もしくは《E・HERO アナザー・ネオス》の1900となります。
このモンスターを用いてダイレクトアタックを繰り返した場合相手のライフは6100、4200or6200、4400と下降していきます。

この際《機甲忍者ブレード・ハート》を用いれば二回のダイレクトアタックに成功した4400or4200ラインの時点で相手ライフを0まで削ることが可能です。

このような役割は《H-C エクスカリバー》ではできません。

また、相手のモンスターが2体以上並んでいるときにそれを一気に戦闘破壊するときだったり、神の宣告等を筆頭とした罠による強固なバックが敷けるときは《機甲忍者ブレード・ハート》の4400打点による2ターンに分けてのキルも狙っていく場合もあります。


《インヴェルズ・ローチ》
主に仮想敵は聖刻、カオスドラゴンです。
そいつら相手に罠のみではなく、モンスターによる防御を敷くことで大嵐でゲームエンドにされる可能性を防ぐときに用います。

ただ、正直あまり使うカードではないです。
その理由に二体並べた場合より大きく打点が下がることと、ゴーズ&トラゴのケアが出来なくなるからです。

実際相手がゴーズ&トラゴを持っていた場合は多く、その場合時間稼ぎが出来る後述する《交響魔人マエストローク》を置くことも少なくありません。

また、打点が下がるというのもある種致命的で、大嵐をケアすることを考えるよりも早期のキルに向かった方がいいことも少なくないです。

よって、《インヴェルズ・ローチ》の役割は罠が少なく守りきれない場合に仕方なくモンスターによる防御をする場合に出す、ということが必然的に多くなると思われます。


043_convert_20120806192617.jpg《交響魔人マエストローク》
自分の激流葬から身を守ったり、カタストルを打ち破る唯一のモンスターだったり、ヒーロービート相手に罠を排除して2体のダイレクトに成功した場合に作るときがあります。

特にヒロビ相手に《交響魔人マエストローク》を作れた場合は《超融合》以外では突破を許さないとても強固な布陣を作れます。

狙っていけるときは狙っていくべきだと思いますね。


《ジェムナイト・パール》
主に相手の《デモンズ・チェーン》《エフェクト・ヴェーラー》をケアして《ヴェルズ・オピオン》《真六武衆-シエン》を戦闘破壊するときに使用します。

2600打点はそれなりに強いのですが、神戸CS当時自分は《ガガガガンマン》を持っていませんでした。
今なら《ガガガガンマン》じゃないかな~って思っています。


《No.39 希望皇ホープ》
相手のトラゴーズをケア出来、カイエントークンや24以下のトラゴを戦闘破壊出来ます。

ただこれも一応《交響魔人マエストローク》で代用できるので、当時持っていなかった《H-C ガーンデーヴァ》に差し替えるのが正解かなと思われます。


▼採用する可能性のあるカードについて
《ガガガガンマン》
《ジェムナイト・パール》と違い《エフェクト・ヴェーラー》ケアは出来ないのですが、そもそもラビット側は先行でラビットを召喚した場合《エヴォルカイザー・ラギア》を出すはずなので《ヴェルズ・オピオン》を出すのは二戦目以降になります。

二戦目以降であれば、相手は《エフェクト・ヴェーラー》をサイドチェンジで抜くはずなので、《ガガガガンマン》は効果的に運用できると思われます。《真六武衆-シエン》に関しては、六武はそこまで数いないと思いますので。

更に《ガガガガンマン》には守備表示の場合相手に800のバーンを与えるという付加効果を持ちます。

800程度が何になるの?と思われるかもしれませんが、エクストラデュエルにおいて先行で召喚できてライフにダメージを与えれば、あとは罠で引きこもって2ターン耐えて勝つことが出来ます。

総じて遅延をしてくる相手に対して有利になれるのも《ガガガガンマン》の特徴であり、役割が《ジェムナイト・パール》よりはるかに広いのでコチラの方が使う価値はあると思われます。


20110319154352f51_convert_20120806192839.jpg
《H-C ガーンデーヴァ》
主に使用相手はアライブヒーローです。
《インヴェルズ・ローチ》とは違い、《冥府の使者ゴーズ》や《トラゴエディア》、《カードガンナー》等に戦闘破壊される危険性がないのは利点になり得るはずです。

更に素で2100の打点を持ちますから、ヒーロー全般に対して戦闘破壊を図れます。

まだ実戦で使ったことはないので何とも言えませんが、使用価値はあると思っています。


《E・HERO The シャイニング》の三枚目
自分がプレイミスをしていなかった場合、カオスドラゴン相手に一度だけ使用機会が生まれた可能性がありました。
ただ、《ミラクル・フュージョン》+《超融合》のうち3枚を引き込み、尚且つそのすべてを《E・HERO The シャイニング》の融合召喚に活用するケースはとても低いと判断し、投入はしませんでした。

《E・HERO ガイア》の三枚目
ヒーロービートとやっていた際、相手の《奈落の落とし穴》《次元幽閉》《D.D.クロウ》等でひたすらヒーローの数を減らされて除去合戦になった際、一度だけ使用したいと思いました。

ガジェット相手でも使用する可能性はありますが、《E・HERO The シャイニング》以上にそうなる場面は少ないと思えますので投入しなくてもいいと思います。


《イビリチュア・メロウガイスト》
主にカオスドラゴンや甲虫装機のカーガンやクリッター、地雷として存在しているカラクリのリクルーターに対して用います。

使用機会は少ないのですが、このカードを使用したい時はホントに使用したい場合であることが多く、このカード自体が決定打になる場合すら存在します。

頻度が少ないので投入していませんが、環境が動いた場合真っ先に投入される可能性のある1枚です。


《A・O・J カタストル》
一度だけ《エフェクト・ヴェーラー》+☆4で欲しくなる時がありましたが、ぶっちゃけなかなかないと思うので、他のカードでいいんじゃないかな…って思います。

バブルマン型であれば必須枠だと思いますが、バブルマンを入れていないならイマイチ必要性を感じられないです。


■次はいよいよ各デッキとの戦い方をサイドチェンジを交えて解説していこうと思います

コメ返

質問なんですがヒロビ的にナイショとサイクどっちの方がきついですか?
状況にもよると思うのですがヒロブラ、デュアスパが発動できないってのはナイショ
強いと個人的に思うのですがどうでしょう?・・・ま、自分で発動したカードにチェーンすれば行けるのですが
2012-07-28(12:50) : ジョーカー

基本的にはナイトショットの方がきついですね。確実な1対1をされるのはこちらからすれば割と厄介です。

ただ、ヒロビにはスキルドレインがメインorサイドに確実に搭載されます。これが効かないデッキならナイトショットはアリだと思いますが、大多数のデッキが恐らく効くので…なんだかんだでサイクの方が安定して運用出来そうです。


はじめまして。自分も魔導書使いますがあまり罠は入れないで魔導書を増やした構築をしてます。ヒュグロは3だしアルマも2入れてます。ですが噛み合わない印象はなかったです。魔導書は使ってて楽しいのでぜひ次の弾にも出てほしいですね。長文失礼しました。
2012-07-28(18:27) : バンスピ

噛み合わないというか…相手によって強さが変わるんですよね。
聖刻とかだと戦闘破壊すらマトモにさせてもらえないですから…

そうですね。今弾で打ち切られる可能性すらありそうですが、続いてほしいものです。


お互いコメントで煽りあって酷い事になってるね
少し落ち着いて深呼吸してみましょう(´へωへ`*)

あと暗闇ミラー
2012-07-29(00:25) : ゆかち

ごめんね。ちょっと冷静になるわ。ありがとう。


13日のラパンデの評価を読まずに、24日のものだけ読んでコメントをしてしまいました。
クリッター、サンブレ、ワンド、テンペル評価と同じ物を題材にして書いてるやーん。
これは恥ずかしい。恥ずかしさ紛れにもう少しコメント付け加え。

魔導はラパンデ来たことで、インゼクターに近い動きになるんじゃないかなと思ってます。
テンペル=ダンセル、ラパンデ=センチという具合で、2枚コンボをひたすら狙うデッキ。
ラパンデ=センチは過大評価かもしれませんが、
ワンド装着ラパンデとかサンブレコストラパンデはかなりの強さな気がします。
(参考までにシスティ0、ラパンデとテンペル中心だと、魔導書1枚くれば大体いいので、魔導書6~7枚、バテル2枚以下でも充分という感覚です。
デッキから落とすのはおろ埋のみ)

ただシスティとかの魔法使いにヒュグロ強化でビートも美味しいと思うので、
システィ中心で考えると、ラパンデの枠は難しくなるので、そこで意見分かれたかなあと感じました。
(手札に来るジュノンを魔導書3枚揃えて出したくなるから魔導書関連多めとか、
テンペル頼りじゃなくていいからラパンデもなあとか)

システィとラパンデが噛み合わないかのように書きましたが、
システィ3、ラパンデ3で幅広く狙う型に落ち着くかもしれませんね。
それでは失礼いたします。
2012-07-29(00:44) : ワタボー

攻め手がどれだけ必要と思うかで色々分かれそうですね。
次の環境本気で使えると思うので、色々試していきます。


是非ともお願いしますm(_ _)m
2012-07-29(21:12) : マスパペ

了解しました。
順次公開していきますのでお楽しみに!!


メッチャ濃厚?な記事ですね

この記事にどのくらい時間かかったんですか
2012-07-30(11:01) : 名無し

記事によりますね…大体は2時間弱ぐらいじゃないですかね…。


久しぶりに思ったけどあえーブラストが一番いいかも

大嵐サイク打ち込んでくれれば超融合を守れ、単純に伏せられてもアナザーを元気よく追加していける

ノーガードにすると大嵐サイクを残す可能性が否定できなかった

《参考》
先攻初手 エアー ブラスト スパーク 超融合 蘇生 うんこ
どうしますか?
2012-07-31(05:51) : 煽ってたら0-5

俺もそれは考えたんだけど、運用できるヒロブラをブラフに使うのかな…って思った。
《強欲な壺》と同じアドバンテージ得られるのは流石に強くないかな…?どうだろ?

うんこ次第ですね。それで色々と変わってきます^^


キモいなと思いましたとコメント書いてる方の意見にだいぶ同意しました。
つみんちゅさんの構築論に対して違う意見をコメントで書いている方に対しての返信から自分の意見が正しい、全否定とまでいかなくても明らかに軽く見下してるように感じれます。
あと敬語についてですが、ネットの中なんだし、くだけた会話が普通だと思います。
2012-08-03(19:52) : トトロ

見下してると取られるような表現をしたことについては誤ります。ごめんなさい。
なかなか言葉選びが下手なもので、自分の思っていることを伝えるって難しいですね…。

ただまぁ自分の意見が正しいと思っていることについては否定しないです。正しいと思ってなかったら記事にしないですから…。

敬語については…じゃあもうそれでいいと思います。俺は顔が見えない相手で、SNSのような絡みを主としているところではなくブログなのですから余計に必要だと思いますが、たぶん考え方の違いで意見がまとまることはないと思います。


初コメです

コメント欄おもしろいですね^ ^
長くてよくわからないですけどw

まぁ、あれですね
人によって考えはさまざまって事をわかってほしいですね^ ^

ぼくは否定するばかりではなく、なるほどこういう考えもあるんだなぁってうけとるのがいいと思いますよ(=´∀`)人(´∀`=)
2012-08-02(23:19) : 1098

そうですね。勉強になりました。ありがとうございます
プロフィール

つみんちゅ

Author:つみんちゅ
兵庫県の三ノ宮あたりに生息してるトラップビート大好きで、様々な型のヒーロービートを手当たり次第に触ってる遊戯プレイヤー。

CSで優勝して、レシピとゲーム機の写真をブログに上げてドヤ顔するのが当面の目標。


ツイッターもやってます。更新通知とかフォローしてもらうだけでタイムラインに流れて便利ですので、よければフォローお願いします^^

遊戯王 ブログランキングへクリックしてくれると嬉しいです

フリーエリア
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ツイート