スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現在の環境ヒーロービート考察4-2 アライブダーク

展開パターンが多くて解説モチベーションが上がらないアライブダーク其の弐です。
ぶっちゃけホント需要が少なそうで…。俺がアライブダークに興味なかったら絶対これ見ない気がする記事ですわw
まぁ愚痴っててもあれなので、さっさと始めていきますね。

今度はヒーローで《フォトン・ストリーク・バウンサー》が出せる方のパターンを紹介してみます。
というか、実は前の記事に書き忘れた基本パターンだったりするw

▼基本パターンその4
『《ラヴァルバル・チェイン》+《フォトン・ストリーク・バウンサー》』

手札                  墓地
A11834_Z1.jpgA441_Z1_convert_20120518183041.jpg  card100003525_1_convert_20120220013748.jpg
条件 手札に《E・HERO エアーマン》+《ミラクル・フュージョン》があり、墓地に《カードカー・D》が落ちていること

1 エアーマン召喚効果でバブルマンサーチして、バブルマン特殊召喚 
2 エクシーズチェイン効果で素材を外してディアボリックガイを落とす
3 ミラクルフュージョンでヒーローとカーDを素材にガイア召喚
4 ディアボリックガイを効果で特殊召喚し、ガイアとエクシーズしてフォトンストリークバウンサー

以上でこの場が出来ます
ガイアがレベル6なのを利用したパターンですね。案外忘れがちだったりしますので、覚えておきましょう。

途中で相手モンスターがいたとしても、ガイア効果のお陰で無視して4800のダメージを与えたりすることも出来るので、一気にゲームの流れを早められます。虫相手に2キルを見ることが出来るパターンですね。


次は応用パターンについて解説してみます

▼応用パターン
『《ヴェルズ・ウロボロス》+《煉獄龍 オーガ・ドラグーン》』
AtK1AMACIAI8KUC.jpg183d2d6dbf_convert_20120523040828.jpgA7511_Z1_convert_20120517185853.jpgA6725_Z1_convert_20120517185927.jpgor7646037_convert_20120517185954.jpg
条件 手札1枚+《ヒーローアライブ》+《ダーク・グレファー》+《ゾンビキャリア》or《D-HERO ディアボリックガイ》で、これ以外にモンスターカードが存在しない。

1 ヒーローアライブを発動し、エアーマン特殊効果でバブルマンを手札に
2 ダークグレファーを召喚効果でディアボorキャリアを手札から落として、もう片方をデッキから落とす
3 ゾンビキャリアの効果で手札を戻し、キャリアを特殊。ディアボも効果発動で特殊シンクロオーガドラグーン
4 エアーマン、バブルマン、ダークグレファーの三体でエクシーズウロボロス

これで、先行1ターン目に手札4枚使用で《ヴェルズ・ウロボロス》+《煉獄龍 オーガ・ドラグーン》の布陣が完成します。
相手に一気にプレッシャーを与えられるフィールドが出来上がりますので、このパターンは覚えておきたいですね。
ちなみに《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》だとあんまり意味はないです。
こいつでモンスター効果を使用した場合、《煉獄龍 オーガ・ドラグーン》の効果も使用できなくなりますからね。

それでも《D-HERO ディアボリックガイ》+《ゾンビキャリア》の一式を墓地に落とし、いつでも《煉獄龍 オーガ・ドラグーン》を作り上げられる墓地を作りながら《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》を召喚して、破壊されたときに即座に立て直す場を作り上げることは出来るので、ラヴァルなどを相手にする場合こちらの方が有効かもしれません。


ちなみに、このパターンは☆4×3エクシーズを作るところを《H-C エクスカリバー》にすれば、ゴーズで巻き返される場を作らずワンキルに迎える布陣にもなります。
(場は《H-C エクスカリバー》+《E・HERO エアーマン》+《煉獄龍 オーガ・ドラグーン》)
なので、先行1ターン目以外はこちらの場でワンキルに向かった方が速いです。覚えておきましょう。

あと、ワンキルを行う場合、《D-HERO ディアボリックガイ》or《ゾンビキャリア》のところが《ミラクル・フュージョン》でもワンキル出来ます。
ちなみにその場合、墓地に《カードカー・D》が落ちていれば、《E・HERO ガイア》を出せるので《E・HERO ガイア》の能力により、相手の攻撃表示モンスターを一体まで無視してワンキルに行くことが出来ます。(最終的な場は《H-C エクスカリバー》4000+《E・HERO ガイア》2200+《煉獄龍 オーガ・ドラグーン》3000で合計ダメージ数9200。)


▼あとがき
とりあえずアライブダーク特有のパターンはこんなところでしょうか…。
これだけ覚えればある程度は回せると思います。ヒーローを使えて《煉獄龍 オーガ・ドラグーン》や《フォトン・ストリーク・バウンサー》《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》を出せるとかマジ俺好みのデッキですわコレ。
回してて超楽しいです。解説記事書くのは面白くなかったですがw

それでは、これでアライブダーク解説記事を終わります。ここまで見てくれた人はご苦労様でしたw

ありがとうございました!!


……RTボタン押すとか、コメとかちょうだいね。結構頑張ったんだからw
誰からもなかったらヘコむよw
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【アライブダーク其の弐 デッキ解説2】

展開パターンが多くて解説モチベーションが上がらないアライブダーク其の弐です。ぶっちゃけホント需要が少なそうで…。俺がアライブダークに興味なかったら絶対これ見ない気がする...

コメントの投稿

非公開コメント

こういったデッキ見てるとなんだか組みたくなってくるw

 いつも楽しく読ませていただいてます。今回は、最近使い始めたデッキだったので、特に面白かったです。
 このデッキの強みは先行で相手に与えるだけでなく、エアー、Eコールからアナザーサーチしてヒロビに見せかけつつ、札をため込んで一気に伏せを壊してグレファー等で手札減らして1キルするのも楽しいですよね。
つみんちゅさんはアライブダークのどの動きが一番好きですか?
長文失礼しました。あとお疲れ様でした(笑)

コメントが面倒でしない時が多いですがいつも見てますよ^^

アライブダークねぇ……

私も相手の行動を抑圧するモンスターが大好きでしてね

機会があれば組みたいのですが……チェインとバウンサーとウロボロスを買わなきゃいけないですねwww

ディアボ強!エクシーズ環境でもディアボ強!
ディアボ強...

No title

解説参考になりました!レシピが出る前に地元の大会で
ヘカテーさんに当たった時は1キルデッキだと思ったのですが
いろんなパターンがあるデッキなんですね。興味が出てきたので
組んでみます。少し文章おかしいですが気にしないでください(笑)

No title

いやー、とても面白かったです。

CSのデッキレシピを見ても、回し方がわからなかったので、勉強になりました。

自分でも、試してみたいと思います。

これからも楽しみにしています。

先攻で大型プラス罠の布陣を引けるデッキは好きです(笑)

あとはダグレを有効活用できるデッキも好きですb

No title

はじめまして、初コメになります、あてねと申します。

いいですね、アライブダーク・・・
正直解説記事のその壱を見たときにはそんな細いコンボだけで回るんだろうか、と半信半疑でしたが、聞けば聞くほど自分の工夫次第でどうとでも回せる気がしてきましたw
プレイングが難しいというのも分かります( `・ω・)

奇跡融合さえあれば自分も組むんですけどねぇ・・・

いやー

アライブダークなかなかおもしろくて、動きが豊富ですね( ☆∀☆)

自分はアライブヒーローを大会で流行る前から愛用していますがダークに乗り換えようかな♪~(・ε・。)

最近ディアボよく見ますねー
インフェでもちらほら見かけるし三( ゜∀゜)

解説ありがとーございました(゜∇^d)!!
プロフィール

つみんちゅ

Author:つみんちゅ
兵庫県の三ノ宮あたりに生息してるトラップビート大好きで、様々な型のヒーロービートを手当たり次第に触ってる遊戯プレイヤー。

CSで優勝して、レシピとゲーム機の写真をブログに上げてドヤ顔するのが当面の目標。


ツイッターもやってます。更新通知とかフォローしてもらうだけでタイムラインに流れて便利ですので、よければフォローお願いします^^

遊戯王 ブログランキングへクリックしてくれると嬉しいです

フリーエリア
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ツイート