スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダストシュートの使い方

A1006_Z1_convert_20120201135155.jpgまず、ダストシュートについての説明を軽くしておくと、自分は汎用性が高くどんなデッキにも入り、先行で打てれば7割以上の勝率を誇る今期最強のトラップカードで、いま最も禁止カードに近いカードだと思っています

その訳は三つあります
1、1対1交換が出来ること
2、情報アドバンテージを得られること
3、フリーチェーンであること

相手の手札を1対1交換で覗き見れるのです
これはつまり、相手が今後やることなすことすべてが丸見えで、常にこちらが先手を打っていけるということです

ですが、四枚以上という条件から、相手が伏せてくれば情報アドバンテージを失うことから基本的にはスタンバイフェイズに打つことになります

ここでは、せっかくダストシュートはフリーチェーン系カードなのにスタンバイに打つなんて勿体無い。もっと有効な場面で打てるところがあるはずだ、というところを簡単にデッキ別に解説していきたいと思います


▼甲虫装機

インゼクター戦は基本的にダンセルホーネットの手札からパターンがあるのでスタンバイフェイズには打ちません
ダンセル召喚時に打って手札のホーネットを除去するようにします
ただ、終末の騎士等で墓地に落ちた場合、ダストシュートはその時点で発動していきます

インゼクターにおいて一番ダストで除去したいのはダンセルですからね

▼TG代行天使

同じく、スタンバイフェイズには発動しません
TGが召喚された時など、動き出した時を狙って打って相手の計算を狂わせて下さい

▼カラクリ

カラクリ蔵等があるので難しいところですが、自分はスタンバイに打ちます
小町が一番戻したいカードなので、出てきてから打っても意味がないことが多いですから

▼ヒーロービート

スタンバイには打たないです
こちらも難しいところではあるんですが、今のヒーロービートはモンスター数が一桁であることも少なくなく、スタンバイに打ってもモンスターが存在しない可能性があります

強欲謙虚、エマージェンシー、増援とモンスターに代わる魔法カードが多数入っていることも多いですので、そこで上手く手札にモンスターがいるかを見極めてから打ったほうが賢明かと思われます

▼兎ラギア

スタンバイで打ちます
兎を除去したいので、それが全てです


自分の使っているデッキによっても変わるでしょうから一概には何とも言えないですが、自分はヒーロービートでこのような感じでダストシュートを運用していってます
この記事があなたのレベルをまた一つ上げることが出来たなら、嬉しいです
以上!!
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

つみんちゅ

Author:つみんちゅ
兵庫県の三ノ宮あたりに生息してるトラップビート大好きで、様々な型のヒーロービートを手当たり次第に触ってる遊戯プレイヤー。

CSで優勝して、レシピとゲーム機の写真をブログに上げてドヤ顔するのが当面の目標。


ツイッターもやってます。更新通知とかフォローしてもらうだけでタイムラインに流れて便利ですので、よければフォローお願いします^^

遊戯王 ブログランキングへクリックしてくれると嬉しいです

フリーエリア
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ツイート