スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新!強化された魔導使いに読んでほしい魔導書デッキ其の参 サポートカードとオマケ

wonder_convert_20120426103750.jpg▼サポート 
《ワンダー・ワンド》
魔導書で扱える《魔導教士 システィ》に続く第二の《カードカー・D》。
先行《魔導書士 バテル》からの《ワンダー・ワンド》はこのデッキの初動でとても安定してアドバンテージを得ることが出来、後攻でも《サイクロン》が怖いものの、《魔導書士 バテル》でサーチ出来る《ヒュグロの魔導書》と合わせて下級のほとんどを破壊出来る2000打点に一時的に到達できる。

《ワンダー・ワンド》対象は《魔導書士 バテル》のみですが、《グリモの魔導書》が《魔導書士 バテル》をサーチ出来るので実質的に6枚の対象カードが存在し、更に《魔導書士 バテル》が《グリモの魔導書》をサーチすることも出来るので手札に2枚と押し寄せてきたときも1枚ずつ処理可能。

このカードは魔導書における必須カードの1枚と自分は見ています。


《サイクロン》
場を開けることでモンスターによるアドバンテージを生み出しやすくさせるモンスター補助カードの1枚。

現環境においても打ちどころは甲虫装機の《リビングデッドの呼び声》《明鏡止水の心》ヒーロービートの《スキルドレイン》ラビット系列の《マクロコスモス》《スキルドレイン》ガジェットの《血の代償》と幅広く存在し、マストカウンターを止めたり場を開けたり幅広く活躍していけるカードではある。

ただ、魔導書デッキだと役割が被るんですよね。
《サンダー・ブレイク》《トーラの魔導書》《ネクロの魔導書》という魔法罠をよけれるカードが既に存在していて、役割が似ている《サイクロン》をさらに入れたいデッキかと聞かれると頷くことは出来ないです。

ですので《サイクロン》は1枚にしてあります。
1枚持っておけば相手が2伏せされようが《グリモの魔導書》から《トーラの魔導書》or《ネクロの魔導書》で2枚の伏せを乗り越えて行けますからね。
《サイクロン》よりは除去カードが欲しかったんです。


sd20jp035_convert_20120709224027.jpg▼除去罠
《魔導書士 バテル》や《魔導教士 システィ》等といった遅いカードを採用する手前、除去罠は多めに必要になります。
自分のデッキがスローペースだった場合、相手のデッキの回転スピードを遅らせることというのは非常に重要であり、少なくとも一定数以上の罠は積まなければなりません。

『罠のスペースないからお触れ3にする!』みたいなデッキ構築の仕方は絶対にやめた方がいいと思われます。
同じ通常召喚権の1回のみを使用してスローペースのメタビートであるヴェルズラギアやヒーロービートが相応の除去を積んでいるのですから、同じような立場である《魔導法士 ジュノン》メタビートもまた積まなければいけないと考えます。


▼採用しなかったカード群
《魔導書院ラメイソン》
効果を見てもらえれば分かる通り、このカードアドバンテージを得るまでが遅いんですよね。
単純な破壊耐性を持った《強欲なカケラ》です。

流石に2ターンも経過するほどこの環境待ってはもらえませんし、墓地に魔導書がいなきゃならないというのもキツイです。
墓地の魔導書を使用するカードは《魔導法士 ジュノン》と《ゲーテの魔導書》でギリギリです。こんなの入る余地ないです。

1回マッチで使用しただけで即で使用をやめました。《強欲なカケラ》が使われていないことからも分かる通りホントに遅いので自分はもう二度と使うことはないと思われます。


《魔導術士 ラパンデ》
コイツもまた遅いです。
単純性能としては《クリッター》の完全下位互換ですから、どこからでも墓地に送られさえすれば効果が発動する点に注目していかなければならないです。

そのために自分は能動的に効果を使用するために《水霊術-「葵」》2《ワンダー・ワンド》3《サンダー・ブレイク》3《おろかな埋葬》1をデッキに入れて使ってみたのですが、コイツ自身がテンペルをサーチすることもあって手札にモンスターが溜まりまくって処理できないという事態が発生しました。

ライトロードモンスターや《カードガンナー》等を用いて墓地肥やしを行っていく魔導であれば十分採用の余地はあると思います。そういう方向での活躍を期待したいですね。


……最初はホントに「テンペルサーチ来たああああ!!!!これで魔導は何もいらない!勝つる!!」って期待してたんだけどなぁ……。


9088842fss.jpg《アルマの魔導書》
効果は除外した魔導書を手札に加える魔導書ですね。
一見見ただけではよく分からない効果かもしれませんが、このカードには3つの役割を持ちます。

1つ目はデッキに1枚しか入っていない魔導書カードをもう一度使えるようになること。
2つ目は自分自身が魔導書であり、墓地を肥やせるということです。
3つ目は召喚権を使わず《グリモの魔導書》から《グリモの魔導書》をサーチ出来るカードになること。

どういうことかといいますと、単純に《グリモの魔導書》を使用し効果で《アルマの魔導書》を手札に入れ、墓地に落ちた《グリモの魔導書》を何らかの効果でゲームから除外し《アルマの魔導書》を使用して除外された《グリモの魔導書》を回収できます。

《グリモの魔導書》→《アルマの魔導書》→《グリモの魔導書》と一巡しているだけで、これだけでは何がしたいのか分からないかもしれませんが、ただ『魔導書を発動すること』を条件とする《魔導教士 システィ》や《魔導召喚士 テンペル》が手札に押し寄せたとき、それを1枚ずつ処理することが可能です。

また、魔導書を墓地肥やしすることも《ゲーテの魔導書》の《月の書》以上の発動条件を満たすという役目があり、とても重要になります。

そんな入れておけば役に立つ魔導書ではあったのですが、魔導書を除外するカードがそもそも《魔導法士 ジュノン》と《ゲーテの魔導書》しか存在しなかったんですよね…。それがネックとなり抜けていきました。

とはいっても、除外するという条件がもう少し簡易になれば即座に入るほどの器用さを秘めた能力はあります。個人的には将来性を見出しているので頑張ってほしいカードですね。使いたいです。


▼あとがき
終わったああああああああああああああああああああ!!!!!!!!
ツイッターで合間に喋ってたらなんか知らないけど自分が消しちゃってたからね…。採用カード解説全部書き直すハメになって涙目だったからねw

やっとだぜ…なんとか発売する前に書き終えましたw
一応なんで発売する前に回せているの?って聞かれるであろう質問に答えとくと、DOというネットデュエルが出来るモノがあるのですよ。
それは未発売カードでも情報さえ出ていれば実装されるので回せているわけなんですw

割と面白いですので、是非興味を持ったら回してみてあげてください。それでは!!


…ホントは日曜日に投稿する予定だったのに、下書きにしたままで予約投稿に○入れるの忘れてた…w
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

成金=除去
どうも自分はワンキルデッキや遅延デッキ以外でこの考えができないんですよねf^_^;)特にこのデッキですと、先に立てたジュノンをモンスターから守るのが強い気がしまして...
とりあえず自分はラパンデ研究中です( ̄▽ ̄)

はじめまして。自分も魔導書使いますがあまり罠は入れないで魔導書を増やした構築をしてます。ヒュグロは3だしアルマも2入れてます。ですが噛み合わない印象はなかったです。魔導書は使ってて楽しいのでぜひ次の弾にも出てほしいですね。長文失礼しました。
プロフィール

つみんちゅ

Author:つみんちゅ
兵庫県の三ノ宮あたりに生息してるトラップビート大好きで、様々な型のヒーロービートを手当たり次第に触ってる遊戯プレイヤー。

CSで優勝して、レシピとゲーム機の写真をブログに上げてドヤ顔するのが当面の目標。


ツイッターもやってます。更新通知とかフォローしてもらうだけでタイムラインに流れて便利ですので、よければフォローお願いします^^

遊戯王 ブログランキングへクリックしてくれると嬉しいです

フリーエリア
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ツイート